2015年度秋期大会・シンポジウム案内 11/28-29@金沢

下記の通り,農村計画学会2015年度秋期大会を開催いたします。詳細は随時情報を追加していきます。大会期間中は近隣の宿泊施設の混雑が予想されますので、参加予定の方はご注意ください。

 


大会全体概要
日時:2015年11月28日(土)~2015年11月29日(日)
会場:金沢大学角間キャンパス自然科学本館

11月28日(土)
9:00~12:00 研究発表会(予定)
13:00~17:30 秋期大会シンポジウム
(詳細は下記。日韓農村計画学会交流セミナーと共同開催予定)
18:45~20:45 懇親会(レストラン&カフェぶどうの木 片町店

11月29日(日) 
9:00~12:00、13:30~17:00 研究発表会(予定)

 


秋期大会シンポジウム(公開)
日時:2015年11月28日(土) 13:00~17:30
会場:金沢大学角間キャンパス自然科学本館大講義棟

趣旨:
日本を始め,東アジア地域の農山漁村地域は,解決すべき課題において多くの共通点を有する。昨今社会的に注目される消滅集落や地方創生というセンセーショナルな言葉を借りるまでもなく,地域再生への糸口を探る挑戦は継続している。とりわけ,日本と韓国の農村地域の過疎化・高齢化の問題について,両国内ではこれまで数多くの議論がなされ,多くの研究論文が蓄積されてきた。それらが個別に,相手国に紹介されることはあったが,まとまって議論されることはほとんどなかった。農村計画研究分野は国際的な共通研究基盤がやや狭いことも一因となって,国際間の比較研究はその重要性に反して進展が遅れてきたのも事実である。
本シンポジウムでは,まず日韓の農村計画研究の事例報告を行い,双方の知見を共有することで両国に見られる普遍的な手法の確立を目指す。次いで,その成果を実際の農山漁村の地域問題に適用し,課題解決に貢献することが出来るかを検討するため,地方創生の今日的な取り組みについて公・民の立場から話題提供を行う。そして,報告された情報を踏まえて,今後の農村計画研究の高度化と地域課題の解決に関する総合的な議論を行う。
なお,本シンポジウムは日韓両国で毎年相互開催をしている日韓農村計画学会交流セミナーとして開催するものであり,日本学術振興会の二国間交流事業の支援を受けるものである。

プログラム(予定):
1.開会挨拶 13:00~13:10
2.第Ⅰ部 日韓農村計画学会からの報告 13:10~15:20
・日本農村計画学会が取り組む人口減少社会の課題 13:10~14:00
・韓国農村計画学会が取り組む人口減少社会の課題 14:00~14:50
・双方の取り組みを踏まえた意見交換 14:50~15:20
3.第Ⅱ部 地方創生に関する地域からの発信 15:30~16:40
・地方創生に関する公的な取り組み 15:30~16:00
・地方創生に関する地域の取り組み1 16:00~16:20
・地方創生に関する地域の取り組み2 16:20~16:40
4.総合討論 16:40~17:20
5.閉会挨拶 17:20~17:30

 


実行委員会
実行委員長 高山純一(金沢大学理工研究域)
実行委員  山下良平(石川県立大学生物資源環境学部)
実行委員  中山昌一郎(金沢大学理工研究域)
実行委員  藤生 慎(金沢大学理工研究域)
実行委員  平子紘平(金沢大学先端科学・イノベーション推進機構)
実行委員  柳井清治(石川県立大学生物資源環境学部)
実行委員  瀬川 学(石川県立大学生物資源環境学部)
実行委員  有賀健高(石川県立大学生物資源環境学部)
顧問    中村浩二(金沢大学特任教授)
顧問    上田哲行(石川県立大学名誉教授)

問い合わせ先 大会実行員会事務局
石川県立大学生物資源環境学部 山下良平
r-yama&ishikawa-pu.ac.jp (&は@)

Posted in 秋期大会.