2015 年度日韓農村計画学会交流セミナー 11/25-28@能登・金沢

2015年度日韓農村計画学会交流セミナー

人口減少時代における農村計画の新たなパラダイム

日時: 2015年11月25日(水)~ 28 日(土)
開催場所: 石川県能登半島 及び 金沢市

趣旨
日本と韓国の農村計画学会は,2005 年から交流セミナーを交互に開催してきました。2014 年度は 10 月にソウル市において六次産業化をテーマに開催されました。2015 年度は「人口減少時代における農村計画の新たなパラダイム」を テーマに,秋期大会にあわせ石川県で開催いたします。なお,今年度の交流セミナーは,日本学術振興会の二国間交流 事業(セミナー)に採択されました。

日本と韓国の農村地域の過疎化と高齢化の問題については,両国内ではこれまで数多くの議論がなされ,多くの論文が蓄積されてきました。しかし,それらが個別にそれぞれの国に紹介されることはありましたが,まとまって議論される機会はほとんどありませんでした。そこで本セミナーでは,両国の現状を踏まえ,人口減少時代における新たな農村計画のあり方を議論しようとするものです。

なお,交流セミナーの一環として,11月28日(土)に英語によるポスターセッションを実施いたします。会場は金沢大学です。申し込みとアブストラクト提出の締め切りは, 10月23日(金)の予定です。アブストラクトは,日韓農村計画学会交流セミナーの講演要旨集に掲載されます。

本行事は,日本学術振興会の二国間交流事業(セミナー)「人口減少時代における農村計画の新たなパラダイム」の 助成を受けて農村計画学会が主催するものです。なお,11 月 27 日(金)午後のリサーチセッション(金沢市内)は, 科学研究費・基盤 B「モンスーンアジア農村地域の持続的発展と比較農村計画学の確立」(研究課題番号:26304034) との共催により実施します。

日程
November 26 (Thu.) Morning
Keynote presentations Japan-Korea Rural Planning Seminar “New paradigm of rural planning in the era of depopulation” (Venue: meeting room of Noto Satoyama Airport)

Depopulation and the aging problem in Japanese rural areas and the new National Spatial Strategies in 2015
ICHINOSE Tomohiro, Director of the Committee of International Affairs, ARP; Professor, Keio University

Status of integrated rural development for elderly society in South Korea
JUNG Nam Su, Professor, Kongju National University

Recent issues on the provinces and studies of Rural Planning
HIROTA Junichi, President of the Association of Rural Planning (ARP), Japan
Professor, Iwate University

Analysis of regional potential for mountain village development plans
SUH Kyo, Assistant Professor, Seoul National University

November 26 (Thu.) Afternoon
Excursion (Kanakura, Wajima city, etc)

November 27 (Fri.) Morning
Excursion (Misogigawa academy, Nanao city, etc)

November 27 (Fri.) Afternoon
Research session “Directions of rural areas revitalization in the era of depopulation”
(Venue: Kanazawa Student Community Civic Center)

Rural areas restoration considered of farmlands & unused houses utilization and rural migration promoting
KIM Duhan, Postdoctoral researcher, Kyoto University

Present problems and future challenges on idle farmlands management in Korea
SON Yong Hoon, Associate Professor, Seoul National University and KIM Kyoung-Chan, Korea Rural Community Corporation

Population Migration and Actors in Rural England
NAKATSUKA Masaya, Associate Professor, Kobe University

Analysis and evaluation of regional characteristics for rural aging in Korea with the state of empty houses and abandoned farmlands-
LEE Jimin, Dr., Seoul National University and SUH Kyo Assistant Professor, Seoul National University

November 28 (Sat.) Morning
Poster presentations

November 28 (Sat.) Afternoon
Reports by Associations of Rural Planning of Japan and Korea for the Symposium of 2015 ARP Fall Meeting “Emerging actors from exchanges between rural and urban areas: Overcoming population decline and vitalizing local economy in Ishikawa” (Venue: Kanazawa University)

Posted in お知らせ.