農村復興科研グループ報告会「連携と持続性に着目した震災からの農村復興に向けて」11/29@金沢 秋期大会

2015a_shinsai

農村復興科研グループ報告会
連携と持続性に着目した  震災からの農村復興に向けて

日時:平成27年11月29日(日) 15:00〜16:30
場所:金沢大学 自然科学本館101講義室
共催:農村計画学会大震災復興特別委員会

開催挨拶・趣旨説明 15:00〜15:10
農村復興科研グループ代表 広田 純一(岩手大学)

報告 15:10〜15:55
1.津波浸水域の土地利用の再生に向けた課題と可能性
〜宮城県山元町笠野・花釜地区での活動を通じて〜
栗田 英治(農研機構農村工学研究所)

2.津波常襲地における自主防災活動と防災まちづくりへのプロセス
〜震災復興支援研究の視点から〜
菊池 義浩(岩手大学)

3.仮設住宅団地のコミュニティ形成に関する研究と支援
〜東日本大震災の被災地への研究者の関わり方〜
中島 正裕(東京農工大学)

総合討論 15:55〜16:25
閉会挨拶 16:25〜16:30
大震災特別委員会委員長 糸長 浩司(日本大学)

進行:服部俊宏(明治大学)

Posted in お知らせ.