2016年度春期大会学術研究発表会プログラム

2016年度春期大会

学術研究発表会プログラム(ポスターセッション)

春期大会全体についてはこちらをご覧ください。

各セッションの進め方はコーディネーターに一任しています。
1題あたり10分を想定し,本年度はさらにセッションあたり10分を加えた時間配分を行いました。
6つのセッションの発表時間は前半(A,B,C)と後半(D,E,F)に分かれています。
それぞれの時間帯に,発表者はポスターの前で発表を行い,質疑応答に対応してください。
○印は発表者を意味します。

A.農村の持続性 (9:30~10:20)コーディネーター 藤沢 直樹(日本大学)
a1.住民主体の外出支援としての空白地有償運送の導入プロセスの分析
○若菜 千穂(いわて地域づくり支援センター),広田 純一
a2.地域運営組織への女性・若年層の参加に影響を与える要因
○宮崎 怜美(京都大学大学院),星野 敏,鬼塚 健一郎,清水 夏樹,橋本 禅
a3.若者移住者が描く新たな農山村生活像―地域おこし協力隊員を事例として―
○柴崎 浩平(神戸大学大学院),中塚 雅也
a4.移住定住促進に関する住民意見の抽出―千葉県御宿町を事例として―
○松尾 匠人(千葉工業大学),青木 和也,鎌田 元弘

B.農村・農業の新たな価値 (9:30~10:20)コーディネーター 大石 卓史(近畿大学)
b1.生態系価値を評価する生息適地ポテンシャルマップ―シュバシコウ(ヨーロッパコウノトリ)を事例に―
○山田 由美(慶應義塾大学),一ノ瀬 友博,板川 暢
b2.ヘドニック法を用いた都市農地の外部性評価―東京都多摩地域を対象として―
○瀬川 俊治(東京大学),村上 智明,中嶋 康博
b3.携帯型GPS・スマートフォンを用いたクラウドGISによる農体験実習の情報共有
○佐藤 赳(東京大学大学院),西原 是良,竹島 久美子
b4. アンケートによる全国調査からみた福祉事業所における農作業の現状
○片山 千栄(農研機構農村工学研究所),石田 憲治,鬼丸 竜治,島 武男,徳岡 美樹

C.農地の確保と有効利用 (9:30~10:20)コーディネーター 森本 英嗣(長野大学)
c1.広域的な農地流動を考慮した農業生産基盤整備計画について
○矢挽 尚貴(農研機構農村工学研究所),山本 忠男,井上 京
c2.大規模小売店鋪閉店用地の農地復元に関する研究―青森県黒石市中川地区を事例として―
○齋藤 朱未(明治大学),服部 俊宏
c3.都市的地域における新規参入農業者の地域定着課題―優良農地の確保と人材育成の視点から―
○吉田 真悟(東京大学大学院),八木 洋憲,木南 章
c4.東北地方におけるセリ栽培の実態と地域活性化の可能性
○加藤 幸(弘前大学),千葉 克己

D.農業の再生 (10:30~11:20)コーディネーター 福与 徳文(茨城大学)
d1.津波被災地における農家の営農再開に影響を与える要因の考察―生活再建と農業再建の過程に着目して―
○戸嶋 佑希(東京農工大学大学院),細田 怜那,中島 正裕
d2.原発事故の影響による営農者の被害実態の実証的研究―営農再開者を事例に―
○福田 恭礼(明治大学大学院),市田 知子
d3.東日本大震災からの復興過程における企業と漁村集落との交流が果たした役割―陸前高田市長洞元気村を題材として―
○柴田 亮(岩手大学大学院),広田 純一
d4.地域農業政策における制度・組織の新展開と課題―山形県白鷹町における人・農地プランを中心にした取り組みから―
○栗田 裕己(東京大学),中嶋 康博

E.海外の農村事情 (10:30~11:30)コーディネーター 山路 永司(東京大学大学院)
e1. 中国伝統村落の保全に関する研究―陝西省霊泉村を事例として―
○斉 応涛(東京工業大学大学院),斎尾 直子,松岡 拓公雄
e2.中国における農地転用補償政策の展開
○包 薩日娜(明治大学),橋本 禅
e3.ミャンマー農村における電化と貧困削減の課題
○小貫 桃花(東洋大学),眞子 岳,北脇 秀敏
e4.チャオプラヤデルタ農村における出入作と灌漑管理の共同行動
○竹田 麻里(東京大学),塚田 和也
e5.農業由来バイオマス利用の政策と実態―ドイツとデンマークを中心に―
○市田知子(明治大学),西澤栄一郎,合田素行

F.農空間の意義 (10:30~11:30)コーディネーター 岩崎 亘典(農業環境技術研究所)
f1.地域資源を有効活用した持続型都市・農村交流の条件と課題―山形県朝日町椹平の棚田保全活動を事例として―
○段林 佳江子(東京大学),竹田 麻里,中嶋 康博
f2.ボランタリーな環境活動がみられる企業の組織特性に関する傾向
○山下 良平(石川県立大学),木澤 洸哉
f3.子どもの川遊び行動の実態と河川構造―岐阜県郡上八幡長良川上流域を事例として―
○新田 将之(東京農工大学大学院),中島 正裕,千賀 裕太郎
f4.都市住民の「農」に対する動向と農活動空間―農への価値観と立地特性からみた農活動展開の方向性―
○梅津 綾(東京工業大学大学院),中野 瑞子,斎尾 直子
f5.グリーン・ツーリズムの持続的な推進に向けた運営システムの再編に関する研究―群馬県みなかみ町「たくみの里」を事例として―
○鬼山 るい(東京農工大学),中島 正裕,桒原 良樹

Posted in 春期大会.