西日本ブロック地区セミナー(第2回)のご案内

■テーマ:「地方創生」と地域の関係を考える

■趣旨:
2014年の「消滅可能性自治体」問題に端を発してから我が国の地方小規模自治体では圧力と追い風の両方が吹き荒れている。地方創生総合戦略によって数値目標の設定された努力義務が付され、さらには各種の地方創生系資金によって自治体は事業を乱発し始めている。このような大盤振る舞いは「アベノミクス」の中で地方への恩恵が少ないと言われるがゆえに膨大な資金が数値目標とともに投下されている。
では、こうした荒波の中でその現場では何が起こっているのか。「田園回帰」の流れの中で、この動きはどのように受け取られているのか。多くの地域で地方創生に関連した事業が急ピッチで行われているが、住民との距離が空いてきている問題もある。進む事業と置いていかれる住民。その間をどう取り持つのかを考えたい。

■日時:2017年7月17日(月・祝)

■場所:徳島県佐那河内村 移住交流拠点「新家」
徳島県名東郡佐那河内村上字宮前84−1
(徳島市内より車で約30分、佐那河内村役場より西へ約1kmの国道438号沿い)
http://tokushima-iju.jp/database/blog/tokushima_concierge/1719.html

■プログラム:
13:30 趣旨説明 田口太郎(徳島大学)
13:40 話題提供
・地方創生で地方はどう変わっているのか?
嵩和雄(NPO法人ふるさと回帰支援センター)
・佐那河内村における地方創生と財団法人の役割
後藤志郎(一般財団法人さなごうち)
・神山町における地方創生事業と住民感覚を“繋ぐ”取り組み
高田友美(一般社団法人神山つなぐ公社)
15:40 休憩
15:50 パネルディスカッション
地方創生が何をもたらし、どこに課題があるのか?そしてそれをどう直すのか?
パネラー 嵩 和雄、後藤志郎、高田友美
コーディネーター 田口太郎
16:50 まとめ
17:00 終了(予定)

■申し込み・問合せ: 出来る限り事前にメールで申し込みください。
徳島大学総合科学部地域計画学研究室
田口太郎 taguchi(*)tokushima-u.ac.jp 088-656-2235
* @に変換ください

Posted in 地区セミナー.