西日本豪雨(平成30年7月)についての農村計画学会の対応について

平成30年8月3日
農村計画学会理事会

この度の西日本豪雨(平成30年7月)で被災された皆様および会
の方々には,謹んでお見舞いを申し上げます。

農村計画学会では,その被害の甚大さを深刻なものと受け止め,
以下の対応を検討しております。つきましては,該当する会員の皆
様には,周知・対応いただけますと幸いです。

1.被災会員に対する措置について
被災された会員には,以下の対応を検討しております。
1)当学会年会費の免除
2) 上記以外についても,当学会活動に関する経済的支障への対応
(論文特集号への論文掲載,学会大会参加等に関するものも含む。

以上について,措置の内容については,該当する会員の事情に鑑み
て書面による自己申告(希望する措置の内容とその理由を明記する
と)とし,理事会にて審議の上,決定いたします。

申告は随時受け付けます。

申告にあたっては,学会事務局宛に郵送もしくは電子メールにてご
絡ください。その際,必ず所属機関名(大学名,会社名等),本人
名前,および連絡先を忘れずに記入してください。対象は2018年7月
現在の正会員,学生会員とします。

〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町三丁目3番3号
木下ビル4階 農村計画学会
E-mail arp_info&ruralplanning.jp
(お手数ですが,&を@に変えて送信して下さい。)

2.学会として自然災害と農村計画に関する課題に取り組みます。
1)被害状況に関して,状況把握のための現場調査を実施いたします。
2)今回の豪雨による農村の被害状況の把握,その対応について,秋の
大会で取り上げ,学会としての対応,農村計画学と災害のあり方に
いて議論を深め,長期的な取り組み体制について検討します。
3)長期的には,災害対応に関する委員会の設置・常置化を検討します。
4)自然災害に関して,他の学協会との連携を検討します。

以上です。

Posted in お知らせ.