日韓シンポジウムでポスター発表予定者は要確認

農村計画学会の皆様

国際委員長 西前 出

先に案内をしました来月開催の日韓シンポジウムにてポスター発表を募集し,今
月21日に締切がありました。本件,韓国側の事務局にて何らかの問題で正しく受
理されていないケースがみつかりました。

既にポスター発表の必要書類を提出された方には,お手数ですが,下記宛てに再
度提出のほどお願いいたします。印刷の関係で今週中(30日まで)に提出をお願
いいたします。

Son, YongHoon 先生 yonghoon.son & gmail.com (※&⇒@)

(「孫先生」 宛で提出ください。日本語対応です)

(再掲)現場知に学ぶ 農業・農村 震災対応ガイドブック2018の発刊(2018年3月)

現場知に学ぶ 農業・農村 震災対応ガイドブック2018の発刊(2018年3月)

このガイドブックは、東日本大震災の災害復旧現場で、被災県の現場担当者の試行錯誤の中から生まれた実用的な対策や工夫、気づき、教訓、知恵等を取りまとめたものです。
東日本大震災を対象として情報収集がなされていますが、同様の大規模地震・津波の被害が予想される地域における予備対策や、被害が生じた地区の災害復旧対策においても有用な情報を提供するものです。

ハンドブックの入手URL: http://www.jsidre.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2018/04/NN_shinsaitaiou-guide2018.pdf

関連研究課題:

基盤研究(B)現場知の体系化による農業農村分野における巨大地震災害対応マニュアルの構築(研究代表: 新潟大学 有田 博之)

基盤研究(A)連携と持続に着目した東日本大震災の農村復興に関する総合的農村計画研究(研究代表者: 岩手大学 廣田 純一)

 

農村計画研究部会第40回現地研修集会の開催について

農村計画研究部会第40回現地研修集会の開催について

技術者継続教育機構認定プログラム申請中

主催:農村計画研究部会
協賛:農村計画学会
後援:(調整中)

1.日 程  平成30年9月18日(火)

2.場 所  滋賀県近江八幡市

3.テーマ  歴史の中に生きること

4.趣 旨

滋賀県近江八幡市では,農村地域において重要文化的景観「近江八幡の水郷」の指定による水田やヨシ地景観の保全,旧市街地での伝統的建造物群保存地区(伝建地区)の指定など,歴史の流れの中で生きる地域が存在しています。

そこで,農業農村工学会農村計画研究部会では,近江八幡市において,水郷景観形成と保全に関する歴史的な経緯から現状,今後の課題までを,圃場整備,干拓,河川改修,生活文化,グリーンインフラといったキーワードの下で視察する現地研修集会を開催いたします。活動に関わられている関係者から直接お話をうかがいし,現地を体験できる貴重な機会となります。皆様方の積極的なご参加をお持ち申し上げます。

なお,本現地研修集会は農業農村工学会全国大会中に開催される企画セッション「歴史の中に生きること」と連動した企画です。

5.行 程(予定)

8:40   京都駅八条口駅前広場サンクンガーデン大階段 集合

8:55   京都駅 出発

10:20 近江八幡市日牟禮八幡(旧市街) 到着

10:30~11:30 八幡堀・旧市街の伝建地区見学

11:30~12:20 日牟禮茶屋で昼食(1620円)

12:30~15:00 西の湖・白王町(大中ノ湖も含む)・円山町など(車中見学・解説)

15:00~16:30 権座に渡る

17:00 近江八幡市出発

18:20 京都駅八条口到着 解散

6.参加費・参加申込み

(1)参加費(昼食代を含む)

一般7,000円程度、学生4,000円程度

当日集合場所にて現金で集金(現金払いが不能な方は、申込書にその旨ご記載ください)

(2)参加申込み

申込期限:9月10日(月)まで

申込方法:農村計画研究部会Webページ(http://www.jsidre.or.jp/keikaku/)より参加申込書ファイルをダウンロードし、申込先へ電子メールで送信

申込先:農村計画研究部会 現地研修集会担当

石川県立大 山下 良平 r-yama@ishikawa-pu.ac.jp