平成30年度NARO国際シンポジウムの開催(お知らせ)

テーマ 「農村工学研究分野における水管理研究とその実用化に向けて」

農研機構では、10月26日(金)茨城県つくば市において、NARO国際シンポジウム
「農村工学研究分野における水管理研究とその実用化に向けて」を開催します。

【趣旨】
近年、異常気象による水需給バランスへの影響、渇水、集中豪雨による災害など
が世界各地で多く発生しています。農業生産性の向上と安全安心な農村の実現に
向けて、農業や農村における効果的・効率的な水利用や水災害に関わる課題が山
積しています。本シンポジウムでは、国内外から著名な研究者を招聘し、農村工
学分野における水管理研究の世界的動向や、最新の研究成果、その実用化に向け
た取組みの発表を予定しています。

講演者は、以下の7名です。
・ Bart Schulutz 名誉教授(オランダ IHE Delft Institute for Water
Education)
・ Vazken Andreassian 研究部長(フランス IRSTEA)
・ 増本隆夫 教授(秋田県立大学)
・ Ming-Daw Su 教授(国立台湾大学)
・ 堀俊和 ユニット長(農村工学研究部門)
・ 大森圭佑 主任研究員(国際農林水産業研究センター)
・ 中矢哲郎 上級研究員(農村工学研究部門)

参加費は無料です(同時通訳あり)。行政機関や土地改良区の技術者や、大学、試
験研究機関の研究者、農村工学研究分野に興味のある大学生など、幅広い分野の
方々にぜひご参加いただきたいと思います。

なお、参加申込み方法や詳細なプログラムについては、以下のホームページをご
覧下さい。
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2018/08/082296.html

日 時:平成30年10月26日(金)13:00 ~ 17:25
場 所:つくば国際会議場 中ホール(200席)

Posted in お知らせ.