「農村計画学の教科書について考える」集会の開催

秋期大会の前日11月30日(金)の夕方に,「農村計画学の教科書について考える」集会を開催します。
農村計画学の教育に関わっておられる,またこれから関わるであろう若手の皆さんを主体に,農村計画学の講義,講義資料,教科書やシラバス等に関心をお持ちの皆様のご参加をお待ちしております。

開催趣旨:
・農村計画学の講義で利用されているであろう教科書の多くが,出版から時を経て,内容が近年の情勢に合わなくなっている状況にある。そのようななか,講義担当者はどのように授業を進めているのか?
・農村計画学会の領域は広く多様で,講義担当者はどのような内容の授業を行っているのだろうか?
・学際的であることが特徴であるにしても,農村計画学としての教育の基礎部分は共通した体系を持つべきではないだろうか?
・農村計画学の(新しい)教科書がない現状を鑑み,これからの農村計画学という科目の持ち方を考えたい。
・教科書や参考書,講義資料の内容とあり方を議論したい(「出版物でなくとも良いのでは?」,等)。
・主体的な学び(アクティブ・ラーニング)の持ち方など,広くこの科目のあり方やシラバス等についても情報交換したい。

 

日時:11月30日(金)大会前日 18:15~20:00,※その後,適宜交流会を予定
場所:長崎市市民会館中央公民館2F 第4研修室
(長崎市魚の町5番1号 https://ngs-shiminkaikan.jp/wordpress/access/

 

ご参加いただける方は,11月19日(月)までに世話役(山本 tady & env.agr.hokudai.ac.jp)までメールでご一報ください。 ※アドレスの&は@に変換して下さい。

 

主催:企画委員会
世話役:山本忠男(北海道大学大学院農学研究院) tady & env.agr.hokudai.ac.jp (&⇒@)

Posted in 未分類.