2018年度秋期大会ミニシンポジウム(詳細)

農村計画学会2018年度秋期大会 ミニシンポジウム・プログラム

 

大震災復興特別委員会

災害に強い地域づくりにむけて
−西日本豪雨、熊本地震の現場から−

 

趣旨

2018年は多くの自然災害が日本列島を襲った。7月には西日本豪雨により、河川の氾濫や土砂災害が発生し、死者は200人以上にのぼった。また8月には台風21号が観測史上1位となる暴風を記録し、近畿地方を中心に大きな傷痕を残した。つづく9月には北海道胆振東部地震が起き、最大震度7を観測し、死者41人、住宅の全壊394棟と甚大な被害をもたらした。このように豪雨、巨大台風、地震と相次いで自然災害が日本列島を襲い、もはやわが列島に住む者は、いつでもどこでも自然災害に見舞われる覚悟でいなければならない。

長崎大学で開催する本ミニシンポジウムでは、西日本で起きた自然災害のうち、本年の西日本豪雨の被災現場や、2016年の熊本地震の復興現場から、現状と課題を報告いただき、災害に強い地域づくりにむけての問題提起を行いたい。

 

日時:2018年12月2日(日) 13時00分から14時30分

会場:長崎大学文教キャンパス 総合教育研究棟 207講義室

 

プログラム

報告(60分)

 

1.熊本地震の現場から

柴田祐(熊本県立大学)

「被災集落の復興まちづくりの現状と課題」

 

2.西日本豪雨の現場から

守田秀則(岡山大学)

「平成30年7月豪雨からの教訓-災害に強い地域づくりへ向けて-」

 

ディスカッション(30分)

 

以上

Posted in 秋期大会.