農村計画学会2020年度特別シンポジウムのお知らせ

学術研究委員会

■日 時:2020年9月27日(日)13:30~16:30

■会 場:オンライン⇒ZOOMアカウントを使用

■テーマ:地元人材育成からの地方創生

■趣 旨:

 田園回帰の動きや外部人材の活用が注目される一方で,地元の人材育成,いわば内部人材の育成は基礎的な課題であるにも関わらず,相対的に看過されてはいないだろうか。基盤となる学校教育を取り巻く環境は大きな変化の中にあるが,近年では,若者の地域理解や定着に向けた取組が推し進められている。特に高校では,地域との協働による“魅力化”など教育施策と地域施策の一体化が図られるとともに,「地理総合」の新設と必修化が予定されている。しかしながら,こうした中,“地元”や“農村”をどのように教えるべきかについての議論は十分なされていない。
 そこで,本シンポジウムでは,地元の人材育成の核として高校に焦点を当て,現場と施策の動向や課題を共有する。また,その上で,農村計画専門家の役割,大学教育との接続,若者に対する農村や地元(郷土)教育のあり方などについて議論を深める。

■開催形式:

 東京都内(東京農工大学)と鳥取市(鳥取大学)の2拠点をメインにしてZOOMを介したYouTube Live配信を行う。
 質疑はYouTubeのチャット形式でのみ受け付ける予定。

■プログラム:

<司会> 中塚雅也(神戸大学)

 開催挨拶・趣旨説明 13:30~13:40

開催挨拶:一ノ瀬友博(農村計画学会会長 慶応義塾大学)
趣旨説明:筒井一伸(鳥取大学)

 講演 13:40~15:30(休憩 14:40~14:50)

1.農山村再生と高校魅力化                     中村怜詞(島根大学)
2.「地理総合」を通した農村地域づくりの人材育成          宮地忠幸(日本大学)
3.農業科目としての「地域資源活用(グリーンライフ)」       久保田豊和(静岡県立下田高校南伊豆分校)
4.大学における「農村計画学」教育                       中島正裕(東京農工大学)
5.日本都市計画学会における「地理総合」必修化に向けた取り組み   菊池雅彦(国土交通省)

 パネルディスカッション 15:30~16:25

パネラー                  中村怜詞・宮地忠幸・久保田豊和・中島正裕・菊池雅彦
コメンテーター               中川秀一(明治大学)
コーディネーター              筒井一伸(鳥取大学)
質疑(チャット)対応            中塚雅也(神戸大学)

 閉会挨拶 16:25~16:30

■参加申し込み方法:申込フォーム(下記のURLもしくはQRコード)

https://forms.gle/FyGP75Q2cWBdMh349 

※締め切り期日:9月22日(火)
※9月25日(金)を目途に、申し込みのメールアドレスへ参加URLなどをご連絡いたします。

■問い合わせ先:学術研究委員会(東京農工大学 中島正裕)
 masa1021[at]cc.tuat.ac.jp ([at]を@にして送付してください)

以上

学会のメールアドレスの変更について

農村計画学会

 農村計画学会ではこのたび,学会事務局をはじめとする各委員会の電子メールのアドレスを以下のように変更しましたので,お知らせします。ご利用の際にはくれぐれもお気をつけください。


 新アドレス

    • 学会事務局:arp_info & rural-planning.jp
    • 編集委員会:arp_editors & rural-planning.jp
    • 査読委員会:arp_submission & rural-planning.jp
    • 学術研究委員会:arp_academic & rural-planning.jp
      ※上記いずれも「&」→「@」

以上