東日本地区ブロックセミナーのご案内

農村計画学会 東日本地区ブロックセミナー2017

タイトル:農作業事故と農作業安全対策を考える 〜現場からの報告〜

開催趣旨:
我が国では農作業事故により毎年350名を超える人命が失われている。他産業では労働衛生環境の改善が図られその数を大幅に現じてきたが,農作業事故死はこの40年間,高位安定のまま推移してきた。農業従事者の減少と高齢化が急速に進む今日,産業の安定性・持続性を保つためにも,事故を起こさせない安全な就労環境を創出することは喫緊の課題といえる。
こうした課題に接近する第一歩として,本セミナーでは農山村の現場を歩き事故調査や安全対策を講じてきた方々に話題提供いただき,我が国における農作業事故の実態を知るとともに農作業安全対策に関する課題について全体討論を行う。

日時:平成29年11月17日(金) 13:00〜16:00

場所:宇都宮大学峰キャンパス 2C12教室(峰町2号館)

その他:参加無料・要参加申し込み
*当日参加も受け付けますが会場・資料準備の都合上、事前申し込みにご協力ください

申し込み先:件名「2017地区セミナーへの出席」
氏名、所属、連絡先等を明記のうえ下記アドレスに送信
tamurat?cc.utsunomiya-u.ac.jp (?を@に変換して送信ください)

◆スケジュール
開会挨拶&趣旨説明
13:00 – 13:20        田村孝浩(宇都宮大学)
話題提供
13:20 – 13:50     積 栄 (農研機構・農業技術革新工学研究センター)
『詳細な事故調査から見えた農作業安全対策のあり方』
13:50 – 14:20         内川義行(信州大学)
急傾斜地水田の畦畔法面における除草作業環境と新たな安全策の方向』
14:20 – 14:50  鈴木祐子(株式会社日本農業新聞)
『各国で法制化の動き 日本も農作業安全法の施行を』
全体討論 &質疑応答
15:00-16:00(予定)   話題提供者による全体討論
__________________________

チラシもご参照ください。
お知り合いの方にも周知いただけますと幸いです。

農村計画学会2017年度秋期大会(第3報)ー参加申し込みサイトへのリンクありー

農村計画学会2017年度秋期大会(第3報)

                                            研究委員会

 

1.月日: 2017年11月25日(土)~ 2017年11月26日(日)

 

2.会場: 和歌山大学システム工学部A棟(和歌山市栄谷930番地)

http://www.wakayama-u.ac.jp/about/access.html

https://drive.google.com/open?id=1-nn7lbYmCLrx8aKbnGhsYhv03ko&usp=sharing

 

3.日程: タイムスケジュールは予定です。変更する場合がありますのでプログラム決定後の学会HPを必ずご確認下さい(11月初旬を予定)

11月25日(土)

9:00~12:00 学術研究発表会

13:00~17:30 秋期シンポジウム(共催:和歌山大学食農総合研究所)

テーマ:これからの地域づくり―「田園回帰」志向を農山村はどう受け止めるのか―

18:00~20:00 交流会<会場:大学内レストラン・フルール>

11月26日(日)

9:00~12:00 学術研究発表会

12:00~    理事会・評議員会

13:30~15:00 特別セッション  「フロンティアシリーズを語る2017」

13:30~15:00 ミニシンポジウム 「熊本地震における集落再生の現状と課題」

15:00~16:30 学術研究発表会

 

4.参加費用:

大会参加費   会 員 3,000円

準会員 2,000円

非会員 5,000円

交流会参加費  一 般 3,000円(当日払いは4,000円)

学 生 1,000円(当日払いは2,000円)

お弁当代(お茶含む)   500円(当日払いは1,000円)

 

5.参加申し込み: 専用申し込みサイトより、11月18日(土)まで(託児サービスご希望の場合は11月11日(土)まで)にお申し込み下さい。あわせて、事務円滑化の観点から弁当代・懇親会費も含めた参加費の事前振り込みにご協力下さい。口座情報も申し込みサイトにございます。

大会期間中、25日(土)は学食の営業がありますが、26日(日)の学食の営業はありません。また大学キャンパス周辺には食堂がなく、最寄りのショッピングモールまで徒歩25分かかります。地産地消で農業・中心市街地再生に注力されている農園のお弁当を手配予定ですので、是非お弁当のご予約・事前振込をお願いいたします。

 

6.実行委員会:  実行委員長  原  祐二(和歌山大学システム工学部)

実行委員  宮川 智子(和歌山大学システム工学部)

実行委員  三瓶 由紀(和歌山大学システム工学部)

実行委員  永瀬 節治(和歌山大学観光学部)

実行委員  藤田 和史(和歌山大学経済学部)

実行委員  岸上 光克(和歌山大学食農総合研究所)

 

7.問い合わせ先: 農村計画学会2017年度秋期大会実行委員会事務局

大会実行員会事務局:和歌山大学システム工学部 原 祐二

E-mail:hara@sys.wakayama-u.ac.jp

TEL:073-457-8370

FAX:073-457-8335

 

8.その他(託児サービス):

11月25日と26日の両日、8:45~17:45の間、会場付近(セキュリティ確保のため詳細はお申込者のみにご案内します)に託児サポートを開設予定です。受入人数は生後3ヶ月~未就学児を対象に、両日共に5名程度を予定しています。

事前予約制で、お子様お一人につき一日あたり2,000円を当日現地にて現金でお支払いいただく形になります。

託児サービスの提供者は、出張託児なないろサポート(http://nanasapo.com/)になります。

キャンセルポリシーや保険の適用、持ち物等の託児利用の詳細につきましては専用申し込みサイトに掲載しておりますので、利用をご希望の方は必ずそちらをお読みになり、ご理解・同意の上、11月11日(土)までにお申し込み下さい。なお定員になり次第、締め切らせていただきますので、ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。申込み後の手続連絡等は、お申し込みいただいた方に個別対応でお返事させていただきます。

 

大会用に特化したwifiは提供していません。希望者は各位責任で事前に所属機関でID取得の上、eduroamをご使用下さい。
http://www.center.wakayama-u.ac.jp/setting/eduroam.html

その他ご不明な点がありましたら、大会実行委員会事務局までお問い合わせ下さい。また、コンベンション助成申請のため、和歌山市内のホテルへの投宿にご協力下さい(専用申し込みサイトでも投宿ホテル名の記載をお願いしております)。

 

2017年度日韓農村計画学会交流セミナー(第2報)

以下の要領の通り、2017 年度日韓農村計画学会交流セミナーを開催いたします。

 

テーマ:農村地域のレジリエンスと持続性 (Resilience and Sustainability of Rural Areas)

主催:農村計画学会 後援:熊本市(予定)

日時:2017年12月8日(金)〜10日(日)

開催場所:熊本県熊本市及び阿蘇地域(12月9日(土)くまもと県民交流館 パレア)

発表言語:英語(日本語の通訳はありません)

 

趣旨

日本と韓国の農村計画学会は、2005年から交流セミナーを交互に開催してきました。2016年度は9月に済州島において「農業遺産地域の保全と活用」をテーマに開催されました。2017年度は「農村地域のレジリエンスと持続性 (Resilience and Sustainability of Rural Areas)」をテーマに、熊本県熊本市及び阿蘇地域で開催します。

2011年3月の東日本大震災は関東から東北の農山漁村地域に大きな影響を及ぼしましたが、その後も日本では様々な災害が農村地域で発生してきました。2016年4月には熊本地震が益城町や阿蘇地域の農村地域に甚大な被害を及ぼしました。一方で、韓国においても2016年は群発地震が発生し、日本の農村地域の防災・減災に注目が集まっているそうです。両国は、人口減少、高齢化の問題も抱えており、災害に限らず、農村地域のレジリエンスと持続性は共通の課題と言えます。今年度は日韓以外の国にもオブザーバとして参加していただきます。

 

日程

12月8日(金)夜              ウェルカムパーティ(熊本市内を予定)

12月9日(土)10時〜     交流セミナー(くまもと県民交流館 パレア)

開会挨拶 一ノ瀬友博(農村計画学会国際交流委員会委員長、慶應義塾大学)

蓑茂壽太郎(熊本市都市政策研究所所長)

基調講演 星野敏(農村計画学会会長、京都大学)

基調講演 未定(韓国農村計画学会)

講演   柴田祐(熊本県立大学)、神吉紀世子(農村計画学会理事、京都大学)

未定(韓国農村計画学会)、王雷(中国・蘇州大学)

黄世輝(台湾・雲林科技大学)、Breiling, M.(ウィーン工科大学)

Wilhelm, J.(慶應義塾大学)他

パネルディスカッション 進行 山路永司(農村計画学会元会長、東京大学)

18時〜     レセプション(熊本市内)

12月10日(日)               エクスカーション(熊本地震の被災地を中心に阿蘇地域や益城町を予定)

 

ポスター発表募集

12月9日の交流セミナーでは、ポスターセッションも併設します。発表言語は英語です。ポスター発表での参加をご希望の方は、学会ホームページの説明に従い、お申し込みください。申し込み、プロシーディングスの原稿締め切りは、2017年11月13日正午です。応募多数の場合は、会場の収容人数の関係から、締め切り前であっても募集を打ち切ることがあります。

2017年度日韓農村計画学会交流セミナーにおける学術研究発表募集案内

農村計画学会2017年度日韓農村計画学会交流セミナー

学術研究発表申込及び発表梗概原稿の作成について

農村計画学会 国際交流委員会

 

日韓農村計画学会交流セミナーへの発表申込を以下の要領で受け付けます。会員の皆様からの積極的なご参加をお待ちしております。

 

■発表形式

発表はポスターセッション形式です。ポスターはGuideline for Poster Presentationに従って作成し、発表当日(2017年12月9日(土))に持参、各自でパネルに掲示していただきます。

 

■発表申込の方法

1.申込に必要なファイル

発表梗概原稿様式(英文様式)をダウンロードし、以下の「原稿執筆要領」に従って原稿を作成のうえ、PDF形式にファイルを変換してください。ページ数は2ページ(厳守)とします。ファイル名は「講演者名+genkou.pdf」とします。

 

2.申込方法

ここからアクセスできる参加フォームに必要事項を入力し、発表梗概原稿(PDFファイル)をアップロードすることで発表申込とします。

 

 

3.申込締切

2017年11月13日(月) 正午 (期限厳守)

 

※申し込みにあたっての注意

  • 会場のポスター掲示スペースに限りがあることから、締め切りよりも前に募集を打ち切る可能性もありますことご了承ください。
  • 発表梗概原稿はセミナープロシーディングスとして当日配布されるだけでなく、後日電子版(PDF)で学会ホームページにて公開されます。その旨、発表者だけでなく連名者もご了解のうえでお申し込みください。また、英文校閲を必ず受けてください。また、プログラム及び発表題目・発表者、発表要旨(200 words)等については、学会誌36巻第4号(2018年3月発行予定)に掲載の予定です。

 

4.送付確認及び受信通知メールについて

原稿不着等のトラブル防止のため、受信確認後、国際交流委員会事務局から受理通知メールを送信します。申込後、数日をへて事務局から受理通知メールが届かない場合は、お手数ですが次項の問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

5.問い合わせ先

こちらのフォームよりお問い合わせください。

 

■原稿執筆要領

原稿様式は、以下に従って執筆してください。

 

  1. Format of the Paper

(1) Number of Pages: 2 pages

(2) Margins: Top: 30mm

Bottom: 26mm

Left: 22mm

Right: 22mm

(3) Font: Century is recommended.

 

  1. Layout

Please use ‘arp-format(E)template’.

 

  1. Table and figures

Tables and figures should be placed in the text as close as possible to where they are referred to in the text.

Tables must be numbered sequentially and must have a reasonably informative title centered above the table (9pt, Bold).

Figures must be numbered sequentially and must have a reasonably informative title centered under the figures (9 pt, Bold). Tables and Figures can also include explanatory captions placed towards the bottom left if required (8pt).

 

  1. Notes

If Notes are necessary, they should be placed at the end of main body.

Notes should be referred to in the text as ; “….text (1) …”.

Each Caption should be numbered in the format (1), (2), (3).

 

  1. References

References should be placed after the Notes or the main body.

Citations in the text should follow this form; Satoh (2005) or (Satoh and Suzuki, 2005).When citations contain more than two authors, the first named author should be followed by “et al.” e.g.

Satoh et al. (2005).

Each Reference must also be numbered according to the format 1), 2), 3).

The following standard form for citations from papers, books and websites should be used;

1) Papers: Author (date of Publication): title of the paper, title of the journal, volume number, page number

2) Books: Author (date of Publication): book name, publisher and the city of publication, page number

3) Websites: author, title of pages, title of sites, language, URL, last accessible date

 

西日本ブロック地区セミナー(第2回)のご案内

■テーマ:「地方創生」と地域の関係を考える

■趣旨:
2014年の「消滅可能性自治体」問題に端を発してから我が国の地方小規模自治体では圧力と追い風の両方が吹き荒れている。地方創生総合戦略によって数値目標の設定された努力義務が付され、さらには各種の地方創生系資金によって自治体は事業を乱発し始めている。このような大盤振る舞いは「アベノミクス」の中で地方への恩恵が少ないと言われるがゆえに膨大な資金が数値目標とともに投下されている。
では、こうした荒波の中でその現場では何が起こっているのか。「田園回帰」の流れの中で、この動きはどのように受け取られているのか。多くの地域で地方創生に関連した事業が急ピッチで行われているが、住民との距離が空いてきている問題もある。進む事業と置いていかれる住民。その間をどう取り持つのかを考えたい。

■日時:2017年7月17日(月・祝)

■場所:徳島県佐那河内村 移住交流拠点「新家」
徳島県名東郡佐那河内村上字宮前84−1
(徳島市内より車で約30分、佐那河内村役場より西へ約1kmの国道438号沿い)
http://tokushima-iju.jp/database/blog/tokushima_concierge/1719.html

■プログラム:
13:30 趣旨説明 田口太郎(徳島大学)
13:40 話題提供
・地方創生で地方はどう変わっているのか?
嵩和雄(NPO法人ふるさと回帰支援センター)
・佐那河内村における地方創生と財団法人の役割
後藤志郎(一般財団法人さなごうち)
・神山町における地方創生事業と住民感覚を“繋ぐ”取り組み
高田友美(一般社団法人神山つなぐ公社)
15:40 休憩
15:50 パネルディスカッション
地方創生が何をもたらし、どこに課題があるのか?そしてそれをどう直すのか?
パネラー 嵩 和雄、後藤志郎、高田友美
コーディネーター 田口太郎
16:50 まとめ
17:00 終了(予定)

■申し込み・問合せ: 出来る限り事前にメールで申し込みください。
徳島大学総合科学部地域計画学研究室
田口太郎 taguchi(*)tokushima-u.ac.jp 088-656-2235
* @に変換ください

西日本ブロック地区セミナー(第1回)のご案内

テーマ:中国におけるコミュニティ計画の新展開

趣 旨:
 中国において農村地域の経済的活性化と社会資本整備は国家的な課題であり,近年ではコミュニティレベルでの計画づくりについての実験的な試みがはじまっている。蘇州大学教授の王雷氏は京都大学で2003年に学位を取得された後,中国における農村計画学分野の確立に尽力されてきた。同氏からは,中国でのコミュニティ計画の事例と制度の実態,農村の変容と現状の課題などについてご紹介頂く。蘇州大学講師の葉 露氏には「現代中国における農村営建と史的展開」をテーマとしてご報告頂く。これら2報告により,中国のコミュニティ計画論の新展開について理解を深めたい。

日時:2017年6月27日(火)14:00〜16:30

場所:京都大学農学部総合館 3F 農村計画学ゼミ室(S-363)
(〒606-8502 京都市左京区北白川追分町)
http://rural.kais.kyoto-u.ac.jp/access.html

参加費:無料

プログラム
14:00 趣旨説明 & 進行 星野 敏(京都大学農学部 教授)

14:10~15:10 第1報告
中国におけるコミュニティ計画の新展開
蘇州大学建築学院城郷計画系教授  王  雷 

<休憩>

15:30~16:30 第2報告
現代中国における農村営建と史的展開
蘇州大学建築学院建築系講師      葉  露

16:30 セミナー終了
——-
◎申込方法:特に事前の申込は必要ありません。直接,会場にお越し下さい。使用言語は日本語です。第2報告は中国語で報告されますが,日本語通訳が入ります。

連絡先 京都大学農学部
星野 敏
TEL:075-753-6159
E-mail:shoshino@kais.kyoto-u.ac.jp

農村計画学会2017年度春期大会学術研究発表会(ポスターセッション)プログラム(研究委員会)

注意

各セッションの進め方はコーディネーターに一任しています。1題あたり10分を想定し,さらにセッションあたり10分を加えています。また6つのセッションの発表時間は前半(A,B,C)と後半(D,E,F)に分かれています。それぞれの時間帯に,発表者はポスターの前で発表を行い,質疑応答に対応してください。

 

 

A.農村の食・福祉と定住 (9:30~10:20)

コーディネーター 坂田 寧代(新潟大学)

 

a1.食料品の買い物が困難な山間農業地域住民の野菜摂取頻度と関連する要因

―自家栽培,もらい物,農産物直売所に焦点を当てて―

○町田 大輔(高崎健康福祉大学),吉田 亨

 

a2.過疎地域における高齢者の「食」に関する地域課題の抽出と社会的支援に関する考察

―まんのう町琴南地区在住の後期高齢者に対する悉皆アンケート調査の中間報告―

○丸岡 三紗(徳島大学大学院),田口 太郎,木村 年秀,岡田 寿朗,豊嶋 健治

 

a3.地域おこし協力隊員の定住促進の要因に関する研究

―活動とパーソナルネットワークに着目して―

○桒原 良樹(東京農工大学大学院),中島 正裕

 

a4.定住自立圏形成の要因と効果に関する分析

―北海道を事例として―

○角 和香那(東京大学),村上 智明,中嶋 康博

 

 

B.ツーリズムとその対応 (9:30~10:20)

コーディネーター 鬼塚 健一郎(京都大学)

 

b1.グリーンツーリズムと地域農業の一体的な推進を支援するWebGISの構築

―群馬県みなかみ町「たくみの里」を事例として―

○山崎 達朗(農林水産省),中島 正裕,桒原 良樹

 

b2.鎌倉市腰越地区における観光客の津波避難経路選択に関する研究

○伊藤 渚生(慶應義塾大学),一ノ瀬 友博

 

b3.農業と福祉保養を融合した農村観光に関する一考察

―中国山東省房幹村を事例に―

○菊池 真純(東京大学)

 

b4.中山間地域の交流拠点におけるイベント来訪者評価

○亀山 宏(香川大学),Mogotlane Matsobane

 

 

C.土地利用・生き物と産業化 (9:30~10:20)

コーディネーター 大澤 啓志(日本大学)

 

c1.畳み込みニューラルネットワークを用いた旧版地図からの土地利用分類の検討

○岩崎 亘典(農研機構農業環境変動研究センター),和山 亮介

 

c2.コウノトリ(Ciconia boyciana)生息好適地と自然災害リスク

―生物多様性保全と防災・減災を両立する土地利用を目指す―

○山田 由美(慶應義塾大学),一ノ瀬 友博,板川 暢,吉田 丈人,福島 真理子,石井 潤,

西垣 正男

 

c3.狩女が生み出す害獣を用いた6次産業創出の実態と課題

―石川県の取り組み―

○萩原 扶未子(金沢大学大学院),髙山 純一,藤生 慎

 

c4.Promoting apiculture for sustaining business with externality

: The case of Limpopo province in South Africa

○Mogotlane Matsobane(香川大学大学院),亀山 宏

 

 

D.住民自治と生活 (10:35~11:25)

コーディネーター 栗原 伸治(日本大学)

 

d1.The comparative analysis of traditional village preservation system in-between Japan and China

: A case study of Kaneyama and Lingjiao district

○裴 逸飛(中国 東南大学),斎尾 直子,斉 応涛

 

d2.新設及び復活した青年団の役割と地域の課題

―四国内での新設・復活した青年団とその背景―

○鶴本 有実(徳島大学大学院),田口 太郎

 

d3.農業集落の対外交渉機能と生産・生活機能に関する研究

―新潟県十日町市を対象として―

○梅村 駿(東京大学),松本 武祝,戸石 七生

 

d4.農村地域の内発的発展に向けた住民の地域愛着に影響を及ぼす要因

―山口県長門市俵山地区を事例として―

○新里 早映(東京農工大学大学院),中島 正裕,Luke Dilley,安藤 光義

 

 

E.農業の振興と展開 (10:35~11:25)

コーディネーター 遠藤 和子(農研機構農村工学研究部門)

 

e1.環境保全型農業の取組みの動向と規定要因に関する定量的検討

―農林業センサスを用いたパネルデータ分析―

奥野 はるな,○竹田 麻里(東京大学),中嶋 康博

 

e2.農業者は農業という仕事に何を求めているのか

―農業者の所得と仕事の満足度に関する定量分析―

○水野 龍太郎(東京大学大学院),髙木 英彰,佐藤 赳

 

e3.新規参入者へ農地を貸付している農家とその農地の特徴

―福島県南会津地域を事例に―

○包 薩日娜(明治大学),服部 俊宏

 

e4.需要主導型水管理方式の導入による取水安定効果の実証分析

○高野 真広(東京大学),竹田 麻里,西原 是良,中嶋 康博

 

 

F.研究者と現場とのつながり (10:35~11:25)

コーディネーター 橋本 禅(東京大学大学院)

 

f1.岩沼市の津波被災集落跡地での住民による海岸林再生活動と研究者の関わり

○大澤 啓志(日本大学),山下 英也,石川 幹子

 

f2.世界農業遺産の祭事伝承に関する地域外部主体の参画は歓迎されるか?

―石川県七尾市熊甲二十日祭を事例として―

○山下 良平(石川県立大学),岩佐 拓弥

 

f3.Aso 1.0からAso 2.0へ向けて

―ウィーン大学による阿蘇研究の過去,現在と未来―

○Johannes Wilhelm(慶應義塾大学),一ノ瀬 友博,Wolfram Manzenreiter,上野 眞也

 

 

 

注:○印は発表者を意味します。