40周年記念事業連続セミナー(第4回:2021/09/01)~終了しました~

40周年記念事業「農村計画研究レビュー:過去・未来の10年」

連続セミナー

企画委員会

■開催趣旨:

 2022年で農村計画学会は40周年を迎える。農村計画学会では,10周年,20周年,30周年と,節目において時の研究動向をまとめた書籍を公刊してきた。今回,それらの系譜を踏まえ,40周年記念事業の一環として,主に過去10年を対象とした農村計画学研究の潮流を,体系的に紐解き,今後の展望を示したレビュー論文を,来春に出版することを予定している。
 本セミナーは,執筆プロセスをオープンにすることで,農村計画学に関する主要なテーマの研究動向を俯瞰する機会を会員に提供するとともに,分野や世代を越えた意見交換を通して当該テーマに関する理解を深めることを目的とする。また,そのことが執筆者にとっては論文のブラッシュアップの機会とすることも目指す。
なお,現在,全体で14のテーマ(領域)での論文レビューを進めており,連続セミナーとして,随時開催していく予定である。今回は,第4回目として,それぞれ次の3つのテーマの報告をおこなうこととした。


第4回

■開催概要:

日時: 2021年9月1日(水)19:00〜21:00

主催: 農村計画学会企画委員会

開催方法:オンライン(Zoom)

 

■プログラム

19:00-19:10 開会挨拶・趣旨説明 中塚雅也(神戸大/農村計画レビュー編集委員)

19:10-19:45 菊池義浩(仙台高専)「集落環境・震災復興」

19:45-20:20 淺野悟史(京都大)「生物多様性」

20:20-20:55 伊藤渚生(MS&ADインターリスク総研/慶応大)「防災」

 ※各発表時分に質疑時間含む

20:55-21:00総括・閉会挨拶

 

■ファシテーター:中塚雅也(神戸大)

 質疑のねらい:取り上げられた事例(含む文献)や研究手法についての質疑や,取り上げられていない事例(含む文献)や研究手法に関する情報交換,そして著者なりに提示した「このテーマに関する今後の展開方向」に対する質疑など

フォームに記載していただいたメールアドレスにzoomリンクを送付させていただきます。

 https://forms.gle/bPpLeipz4s8txH2o8

 ※申し込み期日:8/30(月)17:00

 参加に関する問い合わせ:萩原 和(滋賀県立大学)  arp_40thkikaku & rural-planning.jp  &→@


第2・3回(終了しました)

■開催概要:

日時:2021年 7月30日(金)13:00〜15:00
   2021年 8月  5日(木)13:00〜15:00

主催: 農村計画学会企画委員会

開催方法:オンライン(Zoom)

 

■プログラム:

【第2回 2021年 7月30日(金)】

13:00-13:10 開会挨拶・趣旨説明 斎尾直子(東京工業大/農村計画レビュー編集委員)

13:10-13:45 山下良平(石川県立大)「認定制度と地域(農業遺産)」

13:45-14:20 松本文子(大阪大)「新しい創造的活動の場としての農村」

14:20-14:55 柴崎浩平(神戸大)「地域資源管理」

 ※各発表時分に質疑時間含む

14:55-15:00 総括・閉会挨拶

 

【第3回 2021年 8月  5日(木)】

13:00-13:10 開会挨拶・趣旨説明 山下良平(石川県立大/農村計画レビュー編集委員)

13:10-13:45 齋藤朱美(同志社女子大)「農村コミュティ」

13:45-14:20 本田恭子(岡山大)「再生エネルギー」

14:20-14:55 東口阿希子(岡山大)「獣害」

 ※各発表時分に質疑時間含む

14:55-15:00 総括・閉会挨拶

 

■ファシテーター:斎尾直子(東京工業大),山下良平(石川県立大)

 質疑のねらい:取り上げられた事例(含む文献)や研究手法についての質疑や,取り上げられていない事例(含む文献)や研究手法に関する情報交換,そして著者なりに提示した「このテーマに関する今後の展開方向」に対する質疑など

 

■申し込み方法:

以下のフォームに必要事項をお書きください。フォームに記載していただいたメールアドレスにzoomリンクを送付致します。

https://forms.gle/HmRAbmDkX4GyikPz5

申し込み期日:2021年7月28日(水) 17:00

問い合わせ先:萩原 和(滋賀県立大) arp_40thkikaku & rural-planning.jp  &→@


第1回(終了しました)

■開催概要:

日時: 2021年6月21日(月)13:00〜15:00

主催: 農村計画学会企画委員会

開催方法:オンライン(Zoom)

 

■プログラム

13:00-13:10 開会挨拶・趣旨説明 山下良平(石川県立大/農村計画レビュー編集委員)

13:10-13:45 栗田英治(農研機構)「農村地域の景観保全」

13:45-14:20 井上果子(宮崎大)「新しいパラダイムへの移行と農山村の再生成」

14:20-14:55 野田 満(東京都立大)「関係人口・外部人材」

 ※各発表時分に質疑時間含む

14:55-15:00総括・閉会挨拶

 

■ファシテーター:山下良平(石川県立大)

 質疑のねらい:取り上げられた事例(含む文献)や研究手法についての質疑や,取り上げられていない事例(含む文献)や研究手法に関する情報交換,そして著者なりに提示した「このテーマに関する今後の展開方向」に対する質疑など

フォームに記載していただいたメールアドレスにzoomリンクを送付させていただきます。

 https://forms.gle/FSFTr62X3N3KJBeS7

 ※申し込み期日:6/19(土)17:00

 参加に関する問い合わせ:萩原 和(滋賀県立大学)  arp_40thkikaku & rural-planning.jp  &→@

以上

特別国際シンポジウム(アジア)開催のご案内~終了しました~

特別国際シンポジウム(アジア)開催
~Asian Rural Future 2030~

2021年 7月26日

2021年9月27日
国際委員会

Proceedings

■日時:2021年9月28日(火)15:00 – 17:00

ライブ配信(Zoom)の内容は録画し,後日オンデマンド配信する予定です(要事前申込)。

 

■企画趣旨:

 発展著しいアジアの国々では,日々その社会情勢が目まぐるしく変化を遂げています。著しい経済成長に伴う都市と農村の不均衡な発展は,さまざまな社会環境問題を深刻化させています。持続可能な開発目標(SDGs)は2030年へ向けた世界の羅針盤となっていますが,アジアの農村部では依然として複雑に絡みあった社会問題が大きな障壁となっています。2030年まで10年を切った今,アジアの農村がおかれている現状,そして向き合うべき課題とは―

 本シンポジウムでは,ベトナム,インドネシア,韓国,フィリピン,日本の5か国をつなぎ,各国の農村部における昨今の社会的課題を共有するほか,2030年を見据えた農村の在り方について議論し,アジア農村の未来を展望します。

 

■参加料:無料(要事前申込)

非会員の皆様のご参加(無料)も歓迎いたします。

 

■事前申込:https://forms.gle/QjAffRzQHheySguG8 締め切りました

9/27(月)正午までにお申し込みください。

申込いただいた方にZoomリンク等必要情報を後日送付致します。

 

■開催方法:Zoomミーティング

■使用言語:英語(同時通訳なし)

 

■プログラム:

15:00 開催挨拶(一ノ瀬友博 農村計画学会第20期会長)
15:03 特別講演(80分:20分/題)

    • Le Van An, Ph.D.
      (フエ農林大学前学長,ベトナム)
    • Ernan Rustiadi, Ph.D.
      (ボゴール農科大学 教授,インドネシア)
    • SeungJong Bae, Ph.D.
      (ソウル大学 教授/韓国農村計画学会理事,韓国)
    • Cristino L. Tiburan Jr., Ph.D.
      (フィリピン大学ロスバニョス校 准教授,フィリピン)

16:25-16:30 休憩(5分)

16:30 ディスカッション・Q&A

コーディネーター:西前 出(京都大学大学院地球環境学堂 教授)
パネリスト:講演者

17:00 閉会挨拶(井上果子 農村計画学会第20期国際委員長)

 

■問い合わせ先:

農村計画学会国際委員会 arp_international & rural-planning.jp (& -> @)

以上

「東日本大震災から10年」オンラインフォロー アップトークのお知らせ ~終了しました~

農村計画学会誌39巻4号特集「東日本大震災から10年」
オンラインフォロー アップトークのお知らせ

編集委員会・災害対応委員会

 農村計画学会誌特集フォローアップトークについてご案内いたします。

 2021年3月末に発刊されました農村計画学会誌39巻4号特集「東日本大震災から10 年」に関して,特集の執筆者を交えたオンラインフォローアップトークを開催い たします。

農村計画学会誌39巻4号目次

 学会誌特集の執筆者と読者,企画編集者をオンラインで繋ぎ,相互にディスカッ ションできる貴重な機会になります。参加を希望される方は,下記のフォームよ り,申込みをお願い致します。

  • 参加申込URL: https://forms.gle/F5HcAV5qutXxg6BF7
     ※(6/24(木)までにお申し込みください。)
  • 日時:2021年6月26日(土)15:00~17:00
  • 開催方法:Zoomによるオンライン開催
  • スケジュール(予定):
    •  15:00-15:05 開会・趣旨説明
    •  15:05-16:00 特集執筆者による記事紹介
    • 16:00-16:30 特集フォローアップトーク(執筆者相互)
    • 16:30-17:00 特集フォローアップトーク(参加者全体)
    • 17:00    閉会

申込いただいた方には,後日ミーティングURL,ID等の情報をお送り致します。

以上

特別国際シンポジウム(欧州)プログラムのご案内~終了しました~

特別国際シンポジウム(欧州)プログラムのご案内 ~終了しました~

2020年 5月24日
国際委員会

Proceedings

■日時:2021年5月28日(金)17:30-20:30頃

■テーマ:Rural Areas in Transition (移行する農村部)

■企画趣旨:

 近年農村部を含めて世界は過渡期にあり,COVID-19はその変化を加速し,あるいは方向付けたと言われる。今,西欧圏農村部では何が起こっているのか。課題先進圏としての西欧から,数か国の論者による状況共有と考察を通して,転換するパラダイムを捉え,変化の先の新たな世界を展望する。

■参加料:無料

*要事前申込(申込期限:5/26(水)12:00正午

下記から必要事項を記入してください。

日本語:  https://forms.gle/bZGX2hbJ8UxbnsiF8

(English: https://forms.gle/atKwQvSzwXd7S7LZA

■開催方法:Zoomウェビナー(英語⇒日本語の同時通訳あり)

■プログラム:

17:30 開会

(1) 開催挨拶(一ノ瀬友博 農村計画学会第20期会長)

(2) 趣旨説明・講演者紹介(井上果子 農村計画学会国際委員長)

17:45 特別講演(90分:30分/題)

      1. Prof. Francesco Di Iacovo(イタリア)ピサ大学,農業経済学
        Redesigning the farming system supporting local prosperity, the Italian experience
      2.  Prof. Bettina Bock (オランダ)ワーゲニンゲン大学,農村社会学
        Rural vitality and wellbeing – The Dutch case and the EU Long Term Vision for Rural Areas
      3. Prof. Jeremy Phillipson(イギリス)ニューカッスル大学,CRE(Centre for Rural Economy),農村開発
        Enabling and Enterprising Countryside

19:15 休憩(15分)

19:30 ディスカッション・Q&A

コーディネーター: 荘林幹太郎(学習院女子大学 教授)

パネリスト:講演者

20:30 閉会

 

※当日のZoomウェビナーの会場は,17:20頃より開場(入室承認)する予定です。

(講演のPPT資料については,掲載の予定はありません。また,録画動画の提供も予定しておりません。)

■問い合わせ先:

農村計画学会国際委員会(arp_international & rural-planning.jp) ※&->@
(企画・運営:中野美季,竹田麻里,井上果子)