農村計画学会2016年度秋期シンポジウムについて

農村計画学会2016年度秋期シンポジウムについて,以下の通りご案内いたします。

こちらのファイルもご覧ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

大会実行委員会・学術交流委員会

 

1.テーマ 「ツーリズムと農村」

 

2.期日 2016年12月3日(土)14:45〜18:15

 

3.会場 北海道大学農学部 大講堂(4階)

無料一般公開。市民の皆様の参加を歓迎いたします。

 

4.趣旨

 

現在,北海道における観光産業は,第一次産業の総生産額に匹敵するほどに拡大し,地域経済を支える基幹産業のひとつとなっている。この北海道観光の魅力のひとつに,自然と農業の織りなす景観がある。観光資源としての景観は,地域住民をはじめとする人々のこれまでのなりわい・営みによって創造されてきたものであるが,近年,人口減少,過疎高齢化をはじめとする社会の変容が顕在化してきており,将来ともこれまでどおりの営みが持続できるか,危惧される状況となっている。農村がおかれている環境のもとで,今後とも良好な観光資源の重要な柱の一つとして農業農村の景観を維持していくために,その将来展望や活用策などを考えていく必要があろう。

 

一方,国民の意識変化や農村と都市の交流を促進する施策等により,単に風景を楽しむ旅行から,グリーン・ツーリズムやエコ・ツーリズムなどの目的を持った旅行が増加するなど,観光のスタイルも大きく変化している。加えて近年では,農村地域でも内需型観光からインバウンド増加を目指した方向も強く求められつつある。

 

本シンポジウムでは,変わりゆく旅行形態のもとでの観光資源としての農業農村のあり方,そこでの問題点を認識・整理し,観光資源としての今後の農業農村の可能性と課題を議論することとしたい。

 

5.プログラム

14:45〜14:50 開会挨拶・趣旨説明

14:50〜15:30 講演1 木村 宏(北海道大学観光学高等研究センター)

「グリーン・ツーリズムの最近の動向」

15:30〜16:10 講演2 武田耕次(NPO北海道ツーリズム協会)

「グリーン・ツーリズムを中心とした地域づくり」

16:10〜16:50 講演3 加藤肇子(まちづくり観光デザインセンター)

「住民主体の観光メニューと地域活性化」

17:00〜18:15 パネルディスカッション「これからの農村ツーリズムを考える」

パネラー

木村 宏(北海道大学観光学高等研究センター)

武田耕次(NPO北海道ツーリズム協会)

加藤肇子(まちづくり観光デザインセンター)

大黒 宏(ノースプレインファーム(株)代表)

吉村俊子(北海道指導農業士協会会長)

コーディネーター

上田裕文(北海道大学観光学高等研究センター)

18:15  閉会

森里海連環学セミナー「森里海連環のための地域資源を活用した住民自立型地域 づくり」について

森里海連環学セミナー「森里海連環のための地域資源を活用した住民自立型地域

づくり」

 

地域は元来、自立し、地域住民による地域づくりの自治が行われてきました。た

とえば、食糧、薪炭などの燃料、生活用具や建材などの自然資源の利用、また、

家の建築から道路整備や堤防などのインフラ整備などは、地域コミュニティで協

力して実施されていました。 しかしながら、行政サービスが整備されるにつれ

て地域づくりにおける行政への依存が進み、地域住民の自治意識は失われていき

つつあります。

 

本セミナーでは、東近江市、ドイツをはじめとした国内外の取り組みを紹介し

ながら、森里海連環のための地域資源を活用した自立型地域づくりのあり方を検

討します。

 

日時:2016年10月31日(月) 13:30〜17:00

会場:京都大学北部構内理学研究科セミナーハウス(京都市左京区北白川追分

町)※添付ファイルに詳細地図があります。

定員:80名(申込み先着順,定員に達し次第締め切り)

無料

 

詳細・参加申込みについては,こちらをご覧ください。

学会賞・奨励賞の応募推薦 〆切延長(9/30→10/31)

本年度の「農村計画学会学会賞・農村計画学会奨励賞」応募締め切りを10月31日まで延長いたしました。
会員の推薦、自薦問いませんので、ふるってご応募下さい。

応募の形式については学会賞・奨励賞の応募推薦のページをごらんください。

http://www.rural-planning.jp/?page_id=97

これまでの受賞者については学会表彰受賞者のページをごらんください。

http://www.rural-planning.jp/?page_id=82

農村計画学会 平成28年度 西日本ブロック地区セミナー(第1回)

若者と地域創生-地域連携活動の到達点と課題-

 

開催日:2016 年11月13日(日) 13:30 ~ 16:45

場 所:神戸大学・篠山市農村イノベーションラボ

※JR篠山口駅改札出てすぐ。

定員:30名

 

開催趣旨:

若者・大学生による、農山村地域での活動が拡がりをみせています。従来からの農村計画関係分野による活動だけでなく、多様な分野の学生・若者が、それぞれの意図をもち、地域での活動を行うようになっています。国によるCOC事業の推進もあり、こうした取り組みの意義や課題については、多くの場所で議論がされているところですが、個々で蓄積された経験知を体系化する段階にきていると考えられます。

そこで、本セミナーでは、改めて、地域との関係性の視点、農村計画の視点から、若者・大学生の活動が、どのように農山村地域の発展に寄与できるのかについて、現場からの報告をもとに、その到達点を確認した上で、議論していきたいと思います。

 

プログラム:

イントロダクション 13:30~13:40

報告 13:40〜15:50

・大学生・若者の地域への関わり方と展開

筒井一伸(鳥取大学 地域学部 准教授)

・篠山市における学生活動サークルの活動展開と課題

松本龍也(京都大学 農学研究科 大学院生)

・企業とタイアップした地域活性化プロジェクトの意義と課題

青谷実知代(神戸松蔭女子学院大学 人間科学部 准教授)

・地域プロジェクトを活かした学びの企画とその可能性

内平隆之(兵庫県立大学 地域創造機構 教授)

総合討論・まとめ 16:00 – 16:40

コーディネーター:中塚雅也(神戸大学 農学研究科 准教授)

 

参加料:無料。会場の都合上,必ず事前に登録してください。
参加フォームはこちらから https://goo.gl/forms/FQZtb5sqquRY6hgf2

問い合わせ先:神戸大学 中塚雅也(nakatsuka&harbor.kobe-u.ac.jp:&は@に変換)

アクセス:JR篠山口駅舎内、東側にあります。詳細はこちらの地図などを参考に。
車の場合は、駅周辺の有料駐車場をご利用ください。一日500円前後です。

 

共催:神戸大学・篠山市農村イノベーションラボ

農村計画学会2016年度秋期大会(第4報)

農村計画学会2016年度秋期大会(第4報)

研究委員会

 

1.期 日 2016年12月3日(土)~ 2016年12月4日(日)

 

2.会 場 北海道大学農学部 N11教室(1階)・N21教室(2階)・大講堂(4階)

札幌市北区北9条西9丁目(札幌駅北口から徒歩約15分)

 

3.日 程 前報より変更がありますのでご注意ください。

12月3日(土)

9:00~ 9:05 開会挨拶   (N11教室)

9:05~10:25 学術研究発表会(N11教室・N21教室)

10:40~12:00 学術研究発表会(N11教室・N21教室)

13:00~14:30 特別セッション(大講堂)「フロンティアシリーズを語る2016」

14:45~18:15 シンポジウム (大講堂)「ツーリズムと農村」

18:30~20:30 交流会    (北海道大学クラーク会館2階 大集会室)

12月4日(日)

8:30~ 9:50 学術研究発表会(N11教室・N21教室)

10:00~11:30 特別セッション(大講堂)「会員のネットワーク強化を目指して」

11:30~13:00 理事会・評議員会(大講堂)

13:00~14:20 学術研究発表会(N11教室・N21教室)

14:30~15:50 学術研究発表会(N11教室・N21教室)

 

4.参加費用             大会参加費                 会 員 3,000円

準会員 2,000円

非会員 5,000円

交流会参加費             一 般 5,000円

学 生 3,000円

 

5.参加申込み   参加申込書に必要事項を記入のうえ,Eメール(tady@env.agr.hokudai.ac.jp),またはファックス(011-706-2494)にて,11月21日(月)までに大会実行委員会事務局までお送りください。大会参加費と交流会参加費は,当日会場受付にて頂戴します。

 

6.実行委員会         実行委員長 井上 京(北海道大学大学院農学研究院)

実行委員  柳村俊介(北海道大学大学院農学研究院)

実行委員  野本 健(一般財団法人北海道農業近代化技術研究センター)

実行委員  上田裕文(北海道大学観光学高等研究センター)

実行委員  中谷朋昭(北海道大学大学院農学研究院)

実行委員  小林国之(北海道大学大学院農学研究院)

実行委員  合崎英男(北海道大学大学院農学研究院)

実行委員  谷  宏(北海道大学大学院農学研究院)

実行委員  山本忠男(北海道大学大学院農学研究院)

 

7.問合せ先:         農村計画学会2016年度秋期大会実行委員会事務局

北海道大学大学院農学研究院 農業土木学研究室 山本忠男

E-mail:tady@env.agr.hokudai.ac.jp

TEL:011-706-2562 or 2560  FAX:011-706-2494

農村計画学会誌35巻2号 発送遅延のお知らせ

農村計画学会誌35巻2号は、本来であれば9月中に会員の皆様にお届けすべきところでございますが、諸事情により発送が遅れております。

発送は10月4日頃を予定しておりますので、今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。

会員の皆様にはご迷惑をおかけいたしまして大変申し訳ございませんが、何とぞご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

 

農村計画学会総務委員長 服部俊宏

農村計画学会「農村計画学のフロンティア」シリーズの執筆者募集

農村計画学会 「農村計画学のフロンティア」シリーズについて

 

「農村計画学のフロンティア」シリーズは、2012年の学会創立30周年を記念して刊行が始まりました。その狙いは、当時の記念事業委員会委員長(現会長)の星野敏京都大学教授による発刊の言葉によれば、「農村計画学の問題解決に貢献し、かつ、今後一層普及することが期待されるような新鮮で有望な『ツール』を取り上げ、それを学会員に広く普及啓発することにあります。とりわけ大学院生を含む若手の研究者・実務担当者を読者として想定しています。」という教科書的な位置づけともいえるものでした。

さて、この農村計画学のフロンティアシリーズは、これまで比較的若手の研究者たちが執筆してきました。ツールに特化したものではなく、現代のそして国内外の農村計画学においての課題となっている問題を積極的に取り上げてきました。若手の研究者・実務担当者を読者として想定するというよりも、むしろ若手の研究者・実務担当者たちが執筆者として、彼らが取り組む現代的課題解決ための成果を世に問うといった形になっています。

農村計画学の取り組む課題は、その関連する学問的分野も広く、取り組む対象も、その地理的範囲も広いのが特徴です。それぞれの執筆者がもつバックグラウンドの分野を超えて、問題の解決に取り組むためのアプローチを著書にまとめて世に問うことは、農村計画学の発展に大きく寄与するものと信じます。

このため、事業企画委員会では、今後も執筆者を募集し、刊行に結びつけたいと思っています。積極的な企画提案をお待ちしています。

 

  • 執筆希望者は、別紙の企画書に必要事項を記入し、学会事務局にメールで提出してください。問い合わせについても同様です。

E-mail: arp_info&ruralplanning.jp (* メールアドレスは「&」を「@」に変えてお送りください。)

  • 発刊にあたっては、出版費用が20万円程度かかりますが、これは実費負担になります。各種出版補助制度(大学出版会、科研費もしくは民間出版助成等)をご利用するなど工夫をお願いいたします。
  • 発刊後、学会誌に案内ページを掲載いたします。また、地区セミナーや研究会などで本のご紹介などができればと思っています。

 

2016年6月

 

 農村計画学会事業企画委員会

 

 

 

 

<別紙>

 

企画書(案)

****年**月**日提出

■著者

氏名:****(1976年生まれ・**歳)

所属機関・部局・職名:**大学 *** 准教授

所属住所:〒305-8609 茨城県つくば市****

メール:****@****, 電話:***-***-****

■略歴

2001年3月 **大学大学院****研究科修了

2011年3月 **大学大学院****科学研究科修了(博士「環境学」取得)

2014年4月~ **大学 *** 准教授 現在に至る

■主な研究業績

■本のタイトル

(例)農林地の保全・管理のための農村ランドスケープ解析

■全体の要約 (200〜300字)

■刊行の目的と農村計画学における意義(200〜300字)

■目次と各章の概要

はじめに

第1章 農林地の保全・管理を取り巻く状況

(1〜2行で内容を紹介:例) 農林地の保全・管理を取り巻く現状と課題について,既往研究・統計資料等をもとに紹介

以下、第2章・・・・と続く。

おわりに

■本書と直接関係する文献リスト

(博士論文を元にする場合は、博士論文を必ず書くこと)