東日本ブロック地区セミナー「生態系サービスへの支払いと地域社会」11/15@東京

農村計画学会 平成27年度 東日本ブロック地区セミナー(第2回)
生態系サービスへの支払い地域社会:包括的な制度設計に向けて

開催日:2015 年11月15日(日) 14:00 ~ 17:00

場 所:東京大学農学部フードサイエンス棟1F講義室(102)
    ※東京メトロ 東大前駅1分 根津駅8分
    ※正面入口は2Fですのでご注意下さい

開催趣旨:

地域の農地や森林が人間社会にもたらすさまざまな便益を支える仕組みとして、「生態系サービスへの支払い(Payment for ecosystem services)」制度が注目を集めています。こうした仕組みの多くは、農地や森林の管理者への直接支払いの形をとっています。そして、その制度設計にあたっては、支払いの基準や金額だけでなく、地域社会の社会的関係や生業のあり方についての配慮も重要になります。本セミナーでは、こうした地域社会の観点から「生態系サービスへの支払い」の分析に取り組んでいる若手研究者に最新の研究成果を発表して頂き、今後の研究発展や現場への応用可能性について議論することを企図しています。

プログラム:
14:00 – 14:10 イントロダクション
「地域社会の中に生態系サービスへの支払いを位置づける」
土屋一彬(東京大学大学院農学生命科学研究科 助教)

14:10 – 16:30 研究報告3件
「日本の直接支払いとソーシャル・キャピタル」
中村省吾(国立環境研究所社会環境システム研究センター 研究員)
「中国の退耕還林政策がもたらす生態系サービスの社会・生態的トレードオフ」
宮坂隆文(東京農工大学大学院農学研究院 特任助教)
「REDD+プロジェクトにおける地域住民の新しい収入源の創出に向けて」
岩永青史(森林総合研究所林業経営・政策研究領域 研究員)
16:30 – 16:50 総合討論・まとめ

参加料:無料。事前登録は必要ありません。
問い合わせ先:東京大学 土屋一彬(tcy@live.jp)
※東京大学緑地創成学特別セミナーと共催

案内PDFはこちら

20151115seminar

東日本地区セミナー「農山村(越後妻有)で暮らすこと・関わり続けることの過去・現在・未来」8/8@十日町

農村計画学会 平成27年度 東日本ブロック地区セミナー(第1回)
農山村(越後妻有)で暮らすこと・関わり続けることの過去・現在・未来

日時:2015年8月8日(土)13:30~16:45
場所:まつだいふるさと会館(新潟県十日町市松代3816-1、北越急行ほくほく線まつだい駅すぐ)
セミナー参加費:会員・非会員問わず無料

申込方法:参加希望者は,氏名,所属,メールアドレスを明記し,7月31日(金)までに,セミナー担当:農研機構農村工学研究所 栗田英治(hkurita@affrc.go.jp:@は半⾓)までメールにてお申し込みください。
セミナー翌日(8月9日(日))には,現地エクスカーション(開催中の大地の芸術祭2015の見学を含む現地視察)を予定しております。こちらにご参加される方は別途実費が必要になります。参加をご希望される方及び詳細のお問い合わせは,あわせて,上記セミナー担当者までご連絡ください。

 

開催趣旨:
農山村を中心とした地方をめぐる議論が活発化している。特に,これまで過疎や高齢化などの進行が顕著であった山間部の農村地域では,今後の住民の暮らし,農地等の資源の維持など,多くの課題を抱えており,機能の維持や連携のあり方など,様々な検討が進んでいる。一方で,農山村での暮らし方,関わり方については,移住,二地域居住,観光(オーナー制度・リピーター)などを通じた緩やかな地域との関わりなど,多様化してきている。

本セミナーでは,全国有数の豪雪地帯でありながら,芸術祭などを通じた新たな試みの実践が行われてきた新潟県十日町市(越後妻有地域)において,当該地域で調査研究・実践活動を行ってきた方々の報告を通じて,農山村(越後妻有)で暮らすこと・関わり続けることの「これまで」と「これから」を展望したい。

※後半の総合討論では,個別報告と農村計画学会誌31巻3号の特集「ふるさと再考」を受けた議論を行う予定です。

 

プログラム(予定):
イントロダクション 13:30~13:40

報告 13:40〜15:40
地域の流動性はどのように変わったのか-戦後から現在までの旧松代町を中心としたモノと人の流れ-
 渡部 鮎美(神奈川大学・歴史民俗資料学研究科/日本学術振興会・特別研究員(PD))
土地との関わりをどうデザインしていくか-越後妻有地域の棚田との関わりの「これまで」と「これから」-
 栗田 英治(農研機構 農村工学研究所)
越後妻有地域の棚田の植物の多様性(仮)
 小柳 知代(東京学芸大学 環境教育研究センター)
松代小荒戸集落より学ぶ家の「これまで」と、空き家の「これから
 早川 知子(一級建築士事務所 風土研究室)
大地の芸術祭を契機とした越後妻有地域の変化(仮)
 関口 正洋(アートフロントギャラリー)

総合討論 15:40~16:45
ファシリテーター:重岡 徹(農研機構 農村工学研究所)

 


案内ポスター(PDF, 630KB)をダウンロード

H27_eastseminar1

東日本ブロック地区セミナー「伝統知と生物多様性・生態系サービス」 3/29@東京

  • テーマ:伝統知と生物多様性・生態系サービス:これまでの研究と現場での応用可能性
  • 開催日:2015 年3 月29日(日) 14:00 ~ 17:00
  • 場 所:東京大学弥生講堂アネックス・セイホクギャラリー
  • 開催趣旨:
    いま、生物多様性や生態系サービスを支える「伝統知」が注目を集めています。生物多様性条約などの国際交渉の場では遺伝資源利益配分の観点から語られることが多い伝統知は、同時に、生物多様性保全、生態系管理や自然資源を活用した地域づくりに貢献する大きな可能性を秘めています。本セミナーは「伝統知をはかる」という困難な課題に挑戦している若手研究者に最新の研究成果を発表して頂き、今後の研究発展や現場への応用可能性について議論することを企図しています。
  • プログラム:
    14:00 – 14:10 イントロダクション
    「伝統知とはなにか?」
    土屋一彬(東京大学大学院農学生命科学研究科・特任助教)14:10 – 16:30 研究報告3件
    「知識の多様性をはかる:生物資源利用の定量化と生物多様性保全との関係」
    小柳知代(東京学芸大学環境教育研究センター・講師)
    「伝統知から社会ー生態系の相互作用を紐解く:モンゴル遊牧民の知識を例に」
    柿沼薫(東京工業大学大学院理工学研究科・PD)
    「パラオの植物資源利用にみる伝統知とランドスケープ」
    飯田晶子(東京大学大学院工学研究科・助教)
    16:30 – 16:50 総合討論・まとめ
  • 参加料:無料。事前登録は必要ありません。
    問い合わせ先:東京大学 土屋一彬(tcy@live.jp)

西日本ブロック地区セミナー「資源経済の最前線」3/7@京都

  • テーマ:資源経済の最前線―農業と水産業の新たな可能性を探る―
  • 開催日:2015 年3 月7 日(土) 14:00 ~ 18:00
  • 場 所:京都大学吉田南構内人間・環境学研究科棟3 階333 演習室(京都市左京区吉田二本松町)
  • 開催趣旨:
    農村には多くの資源が未利用のまま眠っている。この未利用資源の高度な活用を目指す6 次産業化は地方創生の切り札として大きな期待が寄せられているが、それを具体的にどうやって農村の豊かさの実現に生かしていくかの道筋は今なお見えていない。本セミナーは、農業と水産業に係る資源経済の分野で国際的に顕著な業績をあげている新進気鋭の研究者の先端的な事例研究についての話題提供を受けて、我が国の農村の新たな可能性を探ろうとするものである。なお、今回は関西で長い伝統を持つ関西公共政策研究会と共催し、異分野学術交流も試みたい。
  • プログラム:
    14:00~ 第1 講演
    ■「インドにおける農業振興プログラムとその評価:マディア・プラディシュ州大豆増産・オディシャ州CAPS 各プロジェクトの事例から」
    増田 忠義 氏(総合地球環境学研究所、4 月より近畿大学農学部)
    15:00 ~ 質疑および討論
    16:00 ~ 第2 講演
    ■「漁業管理と生態系保全:知床世界自然遺産の現場とIUCN における研究の紹介」
    牧野 光琢 氏(中央水産研究所)
    17:00 ~ 質疑および討論
  • 参加料:無料。事前登録は必要ありません。
  • 地区セミナー終了後、百万遍界隈で講演者を囲んで懇親会(会費5 千円以内)を開催いたします。お時間が許す方は是非ご参加ください。こちらも事前登録は不要です。