オープンソースのGISソフトウェア(QGIS)講習会の開催

総務委員会

 地理情報システム(GIS)は、農村計画の分野でも有効なツールとして活用されています。ですが、はじめて利用される方には、なかなか学習の機会がありません。そこで、11月30日から12月1日に開催される農村計画学会2019年度秋期大会にあわせて、無償で利用できるオープンソースのGISソフトウェアであるQGISの講習会を、上田市のまちなかキャンパスうえだで開催します。是非この機会をご活用下さい。

日時:11月29日(金) 13:30~17:30

場所:まちなかキャンパスうえだイベントスペース
(長野県上田市中央2-5-10  丸陽ビル1階)

定員:30名

対象者:基本的な PC の操作ができれば どなたでも受講できます。また、農村計画学会員および、長野大学・信州大学の学生、教職の方の受講を優先させて頂きます。

事前準備:特に必要ありません。PCをご持参頂くよう、お願いします。また、必要となるデータや資料は、USBメモリ用いて配布予定です。

申し込み:以下のURLからお申し込み下さい。締切は、11月20日で、参加の可否については11月22日を目途にお知らせさせて頂きます。なお、宿泊等の都合で早めに予定の確定が必要な場合は、下記問い合わせ先まで、別途、ご連絡ください。
http://bit.ly/arp2019-qgis

問い合わせ先:農村計画学会総務担当理事 岩崎亘典

(農研機構農環研) niwasaki&affrc.go.jp &→@