2018年度秋期大会ミニシンポジウム(詳細)

農村計画学会2018年度秋期大会 ミニシンポジウム・プログラム

 

大震災復興特別委員会

災害に強い地域づくりにむけて
−西日本豪雨、熊本地震の現場から−

 

趣旨

2018年は多くの自然災害が日本列島を襲った。7月には西日本豪雨により、河川の氾濫や土砂災害が発生し、死者は200人以上にのぼった。また8月には台風21号が観測史上1位となる暴風を記録し、近畿地方を中心に大きな傷痕を残した。つづく9月には北海道胆振東部地震が起き、最大震度7を観測し、死者41人、住宅の全壊394棟と甚大な被害をもたらした。このように豪雨、巨大台風、地震と相次いで自然災害が日本列島を襲い、もはやわが列島に住む者は、いつでもどこでも自然災害に見舞われる覚悟でいなければならない。

長崎大学で開催する本ミニシンポジウムでは、西日本で起きた自然災害のうち、本年の西日本豪雨の被災現場や、2016年の熊本地震の復興現場から、現状と課題を報告いただき、災害に強い地域づくりにむけての問題提起を行いたい。

 

日時:2018年12月2日(日) 13時00分から14時30分

会場:長崎大学文教キャンパス 総合教育研究棟 207講義室

 

プログラム

報告(60分)

 

1.熊本地震の現場から

柴田祐(熊本県立大学)

「被災集落の復興まちづくりの現状と課題」

 

2.西日本豪雨の現場から

守田秀則(岡山大学)

「平成30年7月豪雨からの教訓-災害に強い地域づくりへ向けて-」

 

ディスカッション(30分)

 

以上

2018年度秋期大会の開催についてのご案内(第三報)

学術研究委員会

1.月日: 2018年12月1日(土)~2018年12月2日(日)

2.会場:   長崎大学文教キャンパス 総合教育研究棟(長崎県長崎市文教町1-14)

http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/access/bunkyo/ (マップの30番の建物)

 

3.日程: タイムスケジュールは予定です。変更する場合がありますのでプログラム決定後の学会HPを必ずご確認下さい(11月初旬を予定)。なおシンポジウムの詳細については次号学会誌「論文特集号」にてお知らせします。

12月1日(土)

  9:00~12:00 学術研究発表会
13:30~17:30 秋期シンポジウム(テーマ:景観を活かした地域づくり(仮題))
18:00~20:00 交流会<会場:長崎大学生活協同組合 文教食堂2階>(マップの16番の建物)

12月2日(日)

  9:00~12:00 学術研究発表会
12:00~    理事会・評議員会
13:30~15:00 ミニシンポジウム「災害に強い地域づくり-西日本豪雨、熊本地震の現場から-(仮題)」
15:00~16:30 学術研究発表会

4.参加費用:

大会参加費

会 員 3,000円
準会員 2,000円
非会員 5,000円

交流会参加費

一 般 4,000円
学 生 2,000円

お弁当代(お茶なし) 500円/日

 

5.参加申し込み: 以下の専用申し込みサイトより、11月22日(木)までにお申し込み下さい。

大会期間中、1日(土)は学食の営業がありますが、2日(日)の学食の営業はありません。大学キャンパス周辺には、キャンパスがまちなかにある関係上、コンビニと飲食店があります。ただし飲食店に関しては、15分程度歩く必要がございます。お急ぎの方は、お弁当の申込をお忘れないようにお願いいたします。

専用申し込みサイト(https://goo.gl/forms/bXJ9yJRtckp99OUp1

※アドレス変更の可能性もありますので、必ず学会ホームページからのリンクをご利用下さい。

 

6.実行委員会:  実行委員長 渡辺 貴史(長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科)

実行委員  片山 健介(長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科)
実行委員  黒田 暁 (長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科)
実行委員  濱崎 宏則(長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科)
実行委員  吉田 護 (長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科)
実行委員  太田 貴大(長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科)

 

7.問い合わせ先: 農村計画学会2018年度秋期大会実行委員会事務局

長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科 渡辺貴史 twatanab&nagasaki-u.ac.jp (&⇒@)

TEL: 095-819-2718   FAX: 095-819-2716

※連絡は極力、メールをご利用下さい。

 

8.その他:      その他ご不明な点がありましたら、大会実行委員会事務局までお問い合わせ下さい。なお大会開催当日は、宿泊施設の混雑が予想されます。参加予定者におかれては、宿泊施設の早めの確保をお願い致します。

2018年度秋期大会の開催についてのご案内(第一報)

研究委員会

 

以下のとおり,2018年度秋期大会を開催いたします。多数のみなさまのご参加をお待ちしています。

 

1.日時

2018年12月1日(土)~ 2018年12月2日(日)

2.会場

長崎大学文教キャンパス(長崎県長崎市文教町1-14)

3.日程(予定)

12月1日(土)

午前:研究発表会,午後:大会シンポジウム

12月2日(日)

午前:研究発表会,午後:研究発表会

4.問い合わせ先

大会実行委員会事務局:長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科 渡辺貴史

E-mail:twatanab*nagasaki-u.ac.jp(送信時は*を@にかえて下さい)

TEL:095-819-2718

FAX:095-819-2716

※連絡は極力,メールをご利用下さい。なお実行委員会の詳細については順次掲載予定です。

5.論文投稿

本学会が発行している農村計画学会誌論文特集号に採用された論文は,当該年度における秋期大会での発表が義務づけられています。そのため,本告知と合わせて論文特集号の論文募集を行います。

(1) 申し込み

2018年4月15日(日)から5月21日(月)午前12時(正午)までの間に,電子メールによる必要書類の提出をお願いします(締切厳守)。また,筆頭著者及び共著者は会員である必要がありますのでご注意下さい。入会のご案内はこちらです。

 

論文投稿の提出・問い合わせ先:査読委員会事務局(arpkenkyu2018@ruralplanning.jp)

 

(2) 要領と関連ファイル

投稿にあたっては必ず,論文特集号応募論文募集要領ならびに投稿規程をご覧下さい。また原稿の執筆にあたっては審査を希望する種別の作成要領を参照し,様式の中から当該種別のファイルを選択し,作成見本にしたがって作成して下さい。なお,一太郎の原稿様式ファイルで論文の作成をご希望の方は,恐れ入りますが申し込み期間中に査読委員会事務局(arpkenkyu2018@ruralplanning.jp)までお知らせ下さい。

・作成要領

種別A:原稿作成要領 (pdf)

種別B:Guideline for manuscripts (pdf)

・様式

種別A:投稿原稿様式 (docx)

種別B:Paper form (doc)

・作成見本

種別A:論文作成見本 (docx)

種別B:Sample of the manuscript (doc)

・体裁チェックシート(種別Aのみ)

体裁チェックシート (xlsx)

・論文送付票

論文送付票(2018年) (xls)

 

(3) 投稿料

論文投稿にあたり,論文審査料(1編につき10,000円)を下記宛の郵便振替で送金して下さい。なお採用決定時には別途掲載料として17,000円が必要となります。

口座記号番号:00190-5-688061

加入者名:農村計画学会

秋期大会シンポジウム要旨

秋期大会シンポジウムの要旨をこちらからダウンロードできます。当日紙媒体資料もありますが、白黒印刷ですので、極力事前にPDFをダウンロードいただき、紙資源の節約にも御協力いただければ幸いです

農村計画学会2017年度秋期大会(第3報)ー参加申し込みサイトへのリンクありー

農村計画学会2017年度秋期大会(第3報)

                                            研究委員会

 

1.月日: 2017年11月25日(土)~ 2017年11月26日(日)

 

2.会場: 和歌山大学システム工学部A棟(和歌山市栄谷930番地)

http://www.wakayama-u.ac.jp/about/access.html

https://drive.google.com/open?id=1-nn7lbYmCLrx8aKbnGhsYhv03ko&usp=sharing

 

3.日程: タイムスケジュールは予定です。変更する場合がありますのでプログラム決定後の学会HPを必ずご確認下さい(11月初旬を予定)

11月25日(土)

9:00~12:00 学術研究発表会

13:00~17:30 秋期シンポジウム(共催:和歌山大学食農総合研究所)

テーマ:これからの地域づくり―「田園回帰」志向を農山村はどう受け止めるのか―

18:00~20:00 交流会<会場:大学内レストラン・フルール>

11月26日(日)

9:00~12:00 学術研究発表会

12:00~    理事会・評議員会

13:30~15:00 特別セッション  「フロンティアシリーズを語る2017」

13:30~15:00 ミニシンポジウム 「熊本地震における集落再生の現状と課題」

15:00~16:30 学術研究発表会

 

4.参加費用:

大会参加費   会 員 3,000円

準会員 2,000円

非会員 5,000円

交流会参加費  一 般 3,000円(当日払いは4,000円)

学 生 1,000円(当日払いは2,000円)

お弁当代(お茶含む)   500円(当日払いは1,000円)

 

5.参加申し込み: 専用申し込みサイトより、11月18日(土)まで(託児サービスご希望の場合は11月11日(土)まで)にお申し込み下さい。あわせて、事務円滑化の観点から弁当代・懇親会費も含めた参加費の事前振り込みにご協力下さい。口座情報も申し込みサイトにございます。

大会期間中、25日(土)は学食の営業がありますが、26日(日)の学食の営業はありません。また大学キャンパス周辺には食堂がなく、最寄りのショッピングモールまで徒歩25分かかります。地産地消で農業・中心市街地再生に注力されている農園のお弁当を手配予定ですので、是非お弁当のご予約・事前振込をお願いいたします。

 

6.実行委員会:  実行委員長  原  祐二(和歌山大学システム工学部)

実行委員  宮川 智子(和歌山大学システム工学部)

実行委員  三瓶 由紀(和歌山大学システム工学部)

実行委員  永瀬 節治(和歌山大学観光学部)

実行委員  藤田 和史(和歌山大学経済学部)

実行委員  岸上 光克(和歌山大学食農総合研究所)

 

7.問い合わせ先: 農村計画学会2017年度秋期大会実行委員会事務局

大会実行員会事務局:和歌山大学システム工学部 原 祐二

E-mail:hara@sys.wakayama-u.ac.jp

TEL:073-457-8370

FAX:073-457-8335

 

8.その他(託児サービス):

11月25日と26日の両日、8:45~17:45の間、会場付近(セキュリティ確保のため詳細はお申込者のみにご案内します)に託児サポートを開設予定です。受入人数は生後3ヶ月~未就学児を対象に、両日共に5名程度を予定しています。

事前予約制で、お子様お一人につき一日あたり2,000円を当日現地にて現金でお支払いいただく形になります。

託児サービスの提供者は、出張託児なないろサポート(http://nanasapo.com/)になります。

キャンセルポリシーや保険の適用、持ち物等の託児利用の詳細につきましては専用申し込みサイトに掲載しておりますので、利用をご希望の方は必ずそちらをお読みになり、ご理解・同意の上、11月11日(土)までにお申し込み下さい。なお定員になり次第、締め切らせていただきますので、ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。申込み後の手続連絡等は、お申し込みいただいた方に個別対応でお返事させていただきます。

 

大会用に特化したwifiは提供していません。希望者は各位責任で事前に所属機関でID取得の上、eduroamをご使用下さい。
http://www.center.wakayama-u.ac.jp/setting/eduroam.html

その他ご不明な点がありましたら、大会実行委員会事務局までお問い合わせ下さい。また、コンベンション助成申請のため、和歌山市内のホテルへの投宿にご協力下さい(専用申し込みサイトでも投宿ホテル名の記載をお願いしております)。

 

2017年度秋期大会の開催について(研究委員会)

以下のとおり,2017年度秋期大会を開催いたします。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

 

1.日時

2017年11月25日(土)~ 2017年11月26日(日)

2.会場

和歌山大学システム工学部(和歌山市栄谷930)

※託児サポートを予定しています

3.日程(予定)

11月25日(土)

午前:研究発表会,午後:大会シンポジウム

11月26日(日)

午前:研究発表会,午後:研究発表会

4.問い合わせ先

大会実行委員会事務局:和歌山大学システム工学部 原 祐二

E-mail:hara*sys.wakayama-u.ac.jp(送信時は*を@にかえて下さい)

TEL:073-457-8370

FAX:073-457-8335

※実行委員会の詳細については順次掲載予定です

5.論文投稿

本学会が発行している農村計画学会誌論文特集号に採用された論文は,当該年度における秋期大会での発表が義務づけられています。そのため,本告知と合わせて論文特集号の論文募集を行います。

(1) 申し込み

2017年5月22日(月)午前12時(正午)までに,電子メールによる必要書類の提出をお願いします(締切厳守)。

 

論文投稿の提出・問い合わせ先:研究委員会事務局(arpkenkyu2017@ruralplanning.jp)

 

(2) 要領と関連ファイル

投稿にあたっては必ず,論文特集号応募論文募集要領をご覧下さい。また原稿の執筆にあたっては審査を希望する種別の作成要領を参照し,様式の中から当該種別のファイルを選択し,作成見本にしたがって作成して下さい。なお,一太郎の原稿様式ファイルで論文の作成をご希望の方は,恐れ入りますが研究委員会事務局(arpkenkyu2017@ruralplanning.jp)までお知らせ下さい。

・作成要領

種別A:原稿作成要領.pdf

種別B:Guideline for manuscripts.pdf

・様式

種別A:投稿原稿様式.docx

種別B:Paper form.doc

・作成見本

種別A:論文作成見本.docx

種別B:Sample of the manuscript.doc

・体裁チェックシート(種別Aのみ)

体裁チェックシート.xlsx

・論文送付票

論文送付票(2017年).xls

 

(3) 審査料

論文投稿にあたり,論文審査料(1編につき10,000円)を下記宛の郵便振替で送金して下さい。なお採用決定時には別途掲載料として17,000円が必要となります。

口座記号番号:00190-5-688061

加入者名:農村計画学会