農村計画学会東京地区セミナー 2019.05.14開催のお知らせ(第一報)

農村計画学会東京地区セミナー(第一報)

学術研究委員会

現代アートと農村振興:イギリスの経験から
Contemporary Arts in Rural Development

開催趣旨:

近年,現代アート関連のプロジェクトが農村振興に果たす効果が注目されています。たとえば,アーティスト・イン・レジデンス(Artist in Residence(AiR))は,芸術家を地域に一定期間招待し,制作や展示を行ってもらうプログラムであり,その一部は農村振興につながっています。パブリックアートやAiRの先進国でもあるイギリスでは,大学と地域団体とが協力して,アーティストを招待し,農村地域の振興につなげる活動を模索しています。イギリス北部では,大学,芸術家,非営利セクター,行政といった異なる主体によるコラボレーションの経験が積み重ねられています。そこで,本セミナーでは,東京大学とニューカッスル大学による共同プログラムの一環として,農村計画学会(地区セミナー)との共催により,イギリスでの取り組みを紹介頂き,今後の現代アートの発展と農村振興が両立しうる条件について議論したいと考えています。

Main focus:

A number of projects have been designed to revitalize rural areas—in particular, art-related projects and events have been designed and implemented to alleviate and understand these issues. For instance, Artist in Residence (AiR) projects have been one of the most original programs, in which artists are invited to rural areas for making and exhibiting their socially engaged artworks. In the UK, a leading county of public art interventions and AiR projects, a debate has started on how universities and the voluntary sector can collaborate for the purpose of art-led rural development. In the north part of the UK, there has been an experience on the collaboration of diverse stakeholders such as universities, artists, voluntary sectors and local authorities. As a part of the networking program between the University of Tokyo and Newcastle University, with joint-hosting of Tokyo-area seminar of the Rural Planning Association, we host academics and art professionals from the UK to have an informed discussion on the conditions of promoting contemporary art practices as a form of rural development.

 

日時(Date/Time):

2019年5月14日(火),11:00~16:00.
May, 14 Tuesday,2019. 11:00〜16:00.

場所(Venne):

東京大学弥生キャンパス セイホクギャラリー(東京都文京区弥生1-1-1)
The University of Tokyo, Yayoi Campus, Seihoku Gallery (1-1-1 Yayoi, Bunkyo, Tokyo)

申込先(application):

下記フォームにて申し込みください。 https://goo.gl/forms/Nqn0AIQVjlAFm77f1

その他(Others):

セミナー参加無料: 当日参加可能ですが,準備の都合上,事前申込に協力ください。セミナー言語:英語。
18時より別会場(ホテルフォレスト本郷)にて懇親会(会費別途)を予定しています。要申込み。

Free admission for the seminar, registration is recommended. Seminar language: English.
Reception (registration and contribution fee required) will be held from 18:00 (at Hotel Forest Hongo).

PDFファイルはこちら

問い合せ(inquiry):

ayouken[at]mail.ecc.u-tokyo.ac.jp  (東大 八木)
atoishi[at]mail.ecc.u-tokyo.ac.jp (東大 戸石)  ※[at]⇒@

 

以上

東日本地区ブロックセミナー2019(第1報)

農村計画学会 東日本地区ブロックセミナー2019

タイトル:農作業事故と農作業安全対策を考える 〜現場からの報告2019〜

開催趣旨:
我が国では年間7万件もの農作業事故が発生していると推定され、農作業事故により毎年300名を超える人命が失われている。他産業では労働衛生環境の改善が図られその数を大幅に現じてきたが,農作業事故死は約半世紀にわたって高位安定のまま推移してきた。農業従事者の減少と高齢化が急速に進む今日,産業の安定性・持続性を保つためにも,事故を起こさせない安全な就労環境を創出することは喫緊の課題といえる。
こうした課題に接近する第一歩として,本セミナーでは農山村の現場で農作業事故に関する研究を展開してきた方々、また海外の農作業安全対策に詳しい方に話題提供いただき,我が国における農作業事故の実態とその防止対策について全体討論を行う。

日時:平成31年2月20日(水) 13:00〜17:00

場所:宇都宮大学峰キャンパス 1A32教室(峰町1号館)

http://www.utsunomiya-u.ac.jp/map/campus_map.php

その他:参加無料・要参加申し込み
*当日参加も受け付けますが会場・資料準備の都合上、事前申し込みにご協力ください。

*セミナー終了後、会場付近にて情報交換会を予定しています。

 

申し込み先:件名「農作業安全 ブロックセミナーへの出席」
氏名、所属、連絡先等を明記のうえ下記アドレスに送信
tamurat?cc.utsunomiya-u.ac.jp (?を@に変換して送信ください)

◆スケジュール
開会挨拶&趣旨説明
13:00 – 13:10        田村孝浩(宇都宮大学)
話題提供
13:10 – 13:30     棚橋拓也 (宇都宮大学 農学研究科)
『『乗用トラクタとコンバインの危険要因に見る機械特性の違いについて』』
13:30 – 13:50     松井脩平(宇都宮大学 農学部)
『乗用トラクタ事故における複合要因に関する考察』
13:50 – 14:10 小川悠一(宇都宮大学 農学部)
『水稲作に関係する農作業現場における危険箇所の特定と構造的特徴』

休憩

14:20 – 14:50     白髭祐未 (宇都宮大学 農学研究科)
『大規模農業経営体における農作業安全対策の実態と特徴』
14:50 – 15:20     山田優(株式会社日本農業新聞)
『命を守れ-日本と海外の調査事例から-』(仮)

休憩

全体討論 &質疑応答
15:30-17:00(予定)   全体討論(話題提供者および聴講者)
__________________________

チラシもご参照ください。
お知り合いの方にも周知いただけますと幸いです。

 

西日本地区ブロックセミナー2018のご案内

農村計画学会 西日本地区ブロックセミナー2018

タイトル:地方移住にまつわる現状と未来~現場から考える問題提起とさらなる研究展開~

開催趣旨:
長く農村計画学の研究対象の1つである「地方移住」の問題について,現状までの系譜を今一度整理し,今後のさらなる研究展開や成果の社会還元を積み上げていくための知見の共有を計ることを目的とする。そこで,地域おこし協力隊等の公共政策の評価,その受け皿となる地域からの意見,そして近年の研究成果を踏まえた意見交換を行い,農村計画学会として今後取り組むべき課題と実践の双方について考える。

日時:平成30年 6月16日(土) 14:30〜17:00

場所:京都大学旧演習林事務室内共同会議室
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/about/campus/facilities/kyoshokuin/ensyuurin

その他:
参加無料・要参加申し込み
*当日参加も受け付けますが会場・資料準備の都合上、事前申し込みにご協力ください

セミナー終了後、会場付近にて懇親会を予定しています。

申し込み先:件名「2018地区セミナーへの出席」
氏名、所属、連絡先、懇親会の出欠等を明記のうえ下記アドレスに送信
onitsuka@@kais.kyoto-u.ac.jp (@を1つ削除して下さい)

【スケジュール】

14:30 – 14:40
開会挨拶・主旨説明  山下良平(石川県立大学)

14:40 – 15:00
話題提供1「能登への移住から2年」  岸岡智也(金沢大学)

15:00 – 15:30
話題提供2「農村への移住を巡る現場の実態について(仮)」 森慎一(里山ネット・あやべ)

15:30 – 16:00
話題提供3「地域おこし協力隊制度の現状と課題(仮題)」 柴崎浩平(神戸大学)

休憩

16:00 – 16:50
総合討論

司会 山下良平(石川県立大学)+全員参加型

16:50 – 17:00
講評 星野敏(京都大学)

閉会挨拶

チラシもご参照ください。
お知り合いの方にも周知いただけますと幸いです。

東日本地区ブロックセミナーのご案内

農村計画学会 東日本地区ブロックセミナー2017

タイトル:農作業事故と農作業安全対策を考える 〜現場からの報告〜

開催趣旨:
我が国では農作業事故により毎年350名を超える人命が失われている。他産業では労働衛生環境の改善が図られその数を大幅に現じてきたが,農作業事故死はこの40年間,高位安定のまま推移してきた。農業従事者の減少と高齢化が急速に進む今日,産業の安定性・持続性を保つためにも,事故を起こさせない安全な就労環境を創出することは喫緊の課題といえる。
こうした課題に接近する第一歩として,本セミナーでは農山村の現場を歩き事故調査や安全対策を講じてきた方々に話題提供いただき,我が国における農作業事故の実態を知るとともに農作業安全対策に関する課題について全体討論を行う。

日時:平成29年11月17日(金) 13:00〜16:00

場所:宇都宮大学峰キャンパス 2C12教室(峰町2号館)

その他:参加無料・要参加申し込み
*当日参加も受け付けますが会場・資料準備の都合上、事前申し込みにご協力ください

申し込み先:件名「2017地区セミナーへの出席」
氏名、所属、連絡先等を明記のうえ下記アドレスに送信
tamurat?cc.utsunomiya-u.ac.jp (?を@に変換して送信ください)

◆スケジュール
開会挨拶&趣旨説明
13:00 – 13:20        田村孝浩(宇都宮大学)
話題提供
13:20 – 13:50     積 栄 (農研機構・農業技術革新工学研究センター)
『詳細な事故調査から見えた農作業安全対策のあり方』
13:50 – 14:20         内川義行(信州大学)
急傾斜地水田の畦畔法面における除草作業環境と新たな安全策の方向』
14:20 – 14:50  鈴木祐子(株式会社日本農業新聞)
『各国で法制化の動き 日本も農作業安全法の施行を』
全体討論 &質疑応答
15:00-16:00(予定)   話題提供者による全体討論
__________________________

チラシもご参照ください。
お知り合いの方にも周知いただけますと幸いです。

西日本ブロック地区セミナー(第2回)のご案内

■テーマ:「地方創生」と地域の関係を考える

■趣旨:
2014年の「消滅可能性自治体」問題に端を発してから我が国の地方小規模自治体では圧力と追い風の両方が吹き荒れている。地方創生総合戦略によって数値目標の設定された努力義務が付され、さらには各種の地方創生系資金によって自治体は事業を乱発し始めている。このような大盤振る舞いは「アベノミクス」の中で地方への恩恵が少ないと言われるがゆえに膨大な資金が数値目標とともに投下されている。
では、こうした荒波の中でその現場では何が起こっているのか。「田園回帰」の流れの中で、この動きはどのように受け取られているのか。多くの地域で地方創生に関連した事業が急ピッチで行われているが、住民との距離が空いてきている問題もある。進む事業と置いていかれる住民。その間をどう取り持つのかを考えたい。

■日時:2017年7月17日(月・祝)

■場所:徳島県佐那河内村 移住交流拠点「新家」
徳島県名東郡佐那河内村上字宮前84−1
(徳島市内より車で約30分、佐那河内村役場より西へ約1kmの国道438号沿い)
http://tokushima-iju.jp/database/blog/tokushima_concierge/1719.html

■プログラム:
13:30 趣旨説明 田口太郎(徳島大学)
13:40 話題提供
・地方創生で地方はどう変わっているのか?
嵩和雄(NPO法人ふるさと回帰支援センター)
・佐那河内村における地方創生と財団法人の役割
後藤志郎(一般財団法人さなごうち)
・神山町における地方創生事業と住民感覚を“繋ぐ”取り組み
高田友美(一般社団法人神山つなぐ公社)
15:40 休憩
15:50 パネルディスカッション
地方創生が何をもたらし、どこに課題があるのか?そしてそれをどう直すのか?
パネラー 嵩 和雄、後藤志郎、高田友美
コーディネーター 田口太郎
16:50 まとめ
17:00 終了(予定)

■申し込み・問合せ: 出来る限り事前にメールで申し込みください。
徳島大学総合科学部地域計画学研究室
田口太郎 taguchi(*)tokushima-u.ac.jp 088-656-2235
* @に変換ください

西日本ブロック地区セミナー(第1回)のご案内

テーマ:中国におけるコミュニティ計画の新展開

趣 旨:
 中国において農村地域の経済的活性化と社会資本整備は国家的な課題であり,近年ではコミュニティレベルでの計画づくりについての実験的な試みがはじまっている。蘇州大学教授の王雷氏は京都大学で2003年に学位を取得された後,中国における農村計画学分野の確立に尽力されてきた。同氏からは,中国でのコミュニティ計画の事例と制度の実態,農村の変容と現状の課題などについてご紹介頂く。蘇州大学講師の葉 露氏には「現代中国における農村営建と史的展開」をテーマとしてご報告頂く。これら2報告により,中国のコミュニティ計画論の新展開について理解を深めたい。

日時:2017年6月27日(火)14:00〜16:30

場所:京都大学農学部総合館 3F 農村計画学ゼミ室(S-363)
(〒606-8502 京都市左京区北白川追分町)
http://rural.kais.kyoto-u.ac.jp/access.html

参加費:無料

プログラム
14:00 趣旨説明 & 進行 星野 敏(京都大学農学部 教授)

14:10~15:10 第1報告
中国におけるコミュニティ計画の新展開
蘇州大学建築学院城郷計画系教授  王  雷 

<休憩>

15:30~16:30 第2報告
現代中国における農村営建と史的展開
蘇州大学建築学院建築系講師      葉  露

16:30 セミナー終了
——-
◎申込方法:特に事前の申込は必要ありません。直接,会場にお越し下さい。使用言語は日本語です。第2報告は中国語で報告されますが,日本語通訳が入ります。

連絡先 京都大学農学部
星野 敏
TEL:075-753-6159
E-mail:shoshino@kais.kyoto-u.ac.jp

熊本地震の現地視察および地区セミナーの開催(2017年3月9〜10日)について

趣旨:大震災特別委員会と学術交流委員会では、熊本地震の被災地の現状と課題を共有し、課題の解決に向けた対応を検討するために、以下のような現地視察・地区セミナーを開催いたします。初日に現地を視察し、2日目の午前中に、被災地の現状と今後の農村の復興に向けた課題について議論を行います。

奮ってご参加ください。

 

【現地視察】

日時:2017年3月9日(木)8:30〜17:00

集合:8:30 熊本市役所前

参加費:無料

 

行程(予定):

9:00 益城町中心市街地

(最も被害の大きかったエリア,旧集落とスプロール的市街地が混在)

10:30 益城町東無田

(益城町で最も早く復興に向けたまちづくり協議会が立ち上がった集落)

12:00 益城町の仮設商店街で昼食

13:00 西原村布田

(西原村仮設住宅,斜面地に立地する集落で7、8割が全半壊)

15:00 南阿蘇村長野

(土砂災害による被災,学生アパート、別荘地の被災、阿蘇大橋の崩落)

17:00 南阿蘇村立野

(大雨による土砂災害でも被災,下流側の大津町へ避難、仮設住宅入居)

19:00 懇親会

 

【地区セミナー】

日時:3月10日(金)9:30〜12:00

場所:未来会議室 EVENT BOX(熊本市中央区下通1-12-27 CORE下通ビル5F)

http://mirai-k.or.jp

参加費:無料

 

プログラム

9:00 趣旨説明 広田純一氏(岩手大学農学部 教授)

9:10 報告

・田中尚人氏(熊本大学政策創造研究センター 准教授)

・佐々木康彦氏(財団法人山の暮らし再生機構(現在、西原村に派遣))

10:10 意見交換

12:00 終了

——-

◎申込方法:

(視察,地区セミナーとも。一日のみの参加も可)

3月6日(月)までに柴田(熊本県立大)まで

 

熊本県立大学環境共生学部居住環境学科

柴田 祐

TEL:096-321-6701(直通)

E-mail:shibatayu@pu-kumamoto.ac.jp

東日本ブロック地区セミナー 「震災復興と農山村再生」

◎東日本ブロック地区セミナー
テーマ:「震災復興と農山村再生」

日時:平成29年1月25日(水)13:00〜15:30
場所:宇都宮大学農学部(峰キャンパス/宇都宮市峰町350)
会場:1A32教室
会場となる教室は下記URLの「峰町1号館 東棟3階」にございます。
http://www.utsunomiya-u.ac.jp/map/campus_map.php
交通アクセス:宇都宮駅から会場までは下記を参考にしてください。
http://www.utsunomiya-u.ac.jp/map/access.php

◎開催趣旨
我が国ではここ数年、地震や台風などの自然災害が頻発している。発災直後の被害状況はメディア等で繰り返し報道されるが、発災後の復旧や復興の進展については、多くの方が関心を寄せつつもリアルな情報にアクセスできないのが実状ではないだろうか。農村計画の分野からいえば、発災直後にはわからなかった農地の亀裂や四散した住民とコミュニティーの再生など、報道されない被害や復興の課題などが山積している。
本セミナーでは、中越地震や東日本大震災など被災地において被害実態の把握や復興プロセスを牽引してきたパネラーに話題提供をいただき、震災の復興と農山村の再生について全体討論を行う。

◎プログラム

  • 開会挨拶13:00
  • 話題提供その1:13:05 – 13:30「災害復興を契機とした住民主体の地域づくりの取り組み」稲垣文彦(中越復興デザインセンター )
  • 話題提供その2:13:30 – 13:55「長野県北部地震・栄村小滝集落における農地の『目に見えない被害』への対応と復興の現状」内川義行(信州大学)
  • 話題提供その3:13:55 – 14:20「災害復旧・復興プロセスにおける現場技術者の工夫と知恵〜現場知の集積と活用〜」田村孝浩(宇都宮大学)
  • 休憩14:20-14:30
  • 全体討論 14:30-15:30

平成28年度第2回農村計画学会西日本ブロックセミナーの開催について

平成28年度第2回農村計画学会西日本ブロックセミナーを以下の通り開催いたします。
詳細はこちらをご覧ください。
「農山村における地域イノベーション人材の活かし方」
社会起業や継業などを通じて地域課題の解決を目指す,いわゆる“地域イノベーション人材”が全国各地で活躍しています.また,最近では,こうした人材を育成する取り組みが積極的に行われています.
こうした“地域イノベーション人材”は地域にとって浮いた存在になりがちであり,地域の視点から見ると,こうした人材をいかに取り組んでいくかという視点が重要になっています.本セミナーでは,“地域イノベーション人材”について,異なる立場からの報告を基に最新の動向を把握し,それぞれの取り組みが地域にどのように広がっているのか,地域に取り込んでいく過程での要点と課題について議論します.
【日時】平成29年2月18日(土)13時30分~17時(開場は13時~)
【会場】島根県民会館303会議室
【定員】30~50名
【申込方法】Facebookのアカウントを持っておられる方は,Facebookにあるイベントページの参加ボタンをおして下さい(https://www.facebook.com/events/1406495772716469/).Facebookのアカウントがない方は,髙田までメールを頂きますと申込みとさせていただきます.なお,人数に余裕があれば,当日いきなり参加もOKです.※懇親会に参加される方は,2月9日(木)までに髙田までご連絡下さい.
【参加費】無料
【共催】田園回帰とネオ内発的発展研究会(事務局:鳥取大学地域学部)
【問い合わせ】
島根大学生物資源科学部 髙田晋史
Tel: 0852-32-6544
Email: shinjitakada@life.shimane-u.ac.jp◎プログラム
1)趣旨説明(13時30分~13時40分)
筒井一伸氏(鳥取大学地域学部 准教授)
2)報告(13時40分~15時20分)
・藤井裕也氏(特定非営利法人 山村エンタープライズ 代表理事)
・中川玄洋氏(特定非営利法人 学生人材バンク 代表理事)
・橋田薫氏(篠山イノベーターズスクール 事務局長)
・熱田勇二氏(島根県雲南市政策企画部次長兼政策推進課課長)
・尾原浩子氏(日本農業新聞 記者)
3)トークセッション(15時30分~16時50分)
コーディネーター:髙田晋史氏(島根大学生物資源科学部 助教)
コメンテーター:田中輝美氏(ローカルジャーナリスト)

東日本ブロックセミナーについて(第1報)

◎東日本ブロック地区セミナー

テーマ:「震災復興と農山村再生」

日時:平成29年1月25日(水)13:00〜15:30

場所:宇都宮大学峰キャンパス 会場:1A32

定員40名程度

 

◎開催趣旨

我が国ではここ数年、地震や台風などの自然災害が頻発している。発災直後の被害状況はメディア等で繰り返し報道されるが、発災後の復旧や復興の進展については、多くの方が関心を寄せつつもリアルな情報にアクセスできないのが実状ではないだろうか。農村計画の分野からいえば、発災直後にはわからなかった農地の亀裂や四散した住民とコミュニティーの再生など、報道されない被害や復興の課題などが山積している。

本セミナーでは、中越地震や東日本大震災など被災地において被害実態の把握や復興プロセスを牽引してきたパネラーに話題提供をいただき、震災の復興と農山村の再生について全体討論を行う。

 

◎プログラム

・開会挨拶13:00

・話題提供その1:稲垣文彦(中越復興デザインセンター )13:05 – 13:30

・話題提供その2:内川義行(信州大学)13:30 – 13:55

・話題提供その3:田村孝浩(宇都宮大学)13:55-14:20

・休憩14:20-14:30

・全体討論 14:30-15:30

 

 

資料準備の都合上、参加を希望される方は下記テンプレートにご記入のうえ

田村孝浩(tamurat@cc.utsunomiya-u.ac.jp) までご連絡ください。

=========================================================

東日本ブロック地区セミナー・「震災復興と農山村再生」参加申し込み

ご氏名:

ご所属:

連絡先E-mail:

=========================================================