投稿案内

「農村計画学会論文集」論文・報告への投稿のご案内

 2021年度より農村計画学会の機関誌は,「農村計画学会誌(1号から4号)」(従来通りの冊子体:毎年度6,9,12,3月発刊)と「農村計画学会論文集」(オンラインジャーナル:毎月公開)から構成されるようになりました。これに伴い,以下の3点が変更となります。

  1. 1999年から発刊されておりました「論文特集号」は,2020年度をもって廃止となりました。
  2. 2021年度以降に投稿された論文(査読付)および報告(査読付)の掲載は,全て「農村計画学会論文集」への掲載となります。学会誌での論文(査読付)および報告(査読付)の掲載はございません。
  3. 2021年度農村計画学会秋期大会(会場:岩手大学)の学術研究発表会において発表対象となる論文(査読付)および報告(査読付)は,「学会誌39巻4号」と「農村計画学会論文集」(10月末までに完成原稿が提出され,事務局に入稿できたもの)に掲載されたものとなります。なお,学術研究発表会における発表は「希望者」のみとなります。

※3.に関しましては,2021年度が「農村計画学論文集」への移行期であることからの暫定的措置としての対応となります。2022年度以降の秋期大会学術研究発表会については検討中です。


  1. 募集区分:
     論文,報告/和文・英文

  2. 募集時期:
     随時

  3. 投稿資格:
     本学会の会員(正会員,学生会員等。投稿と同時の入会申請も可)が筆頭著者および責任著者であること。

  4. 規程や要領等:
     〇投稿規程 pdfJapanese / English
     〇論文・報告募集要領 pdfJapanese / English
     〇原稿作成要領 pdfJapanese / English
     〇原稿作成見本 pdfJapanese / English
     〇原稿テンプレート dotxJapanese / English
     〇投稿整理票 excelJapanese / English
     〇投稿時チェックリスト pdfJapanese / English

  5. 発表について:
     採用された論文・報告については,著者が希望し,条件が満たされれば,秋期大会学術研究発表会での口頭発表が可能です。詳細はこちらをご覧ください。

  6. 問い合わせ・送付先:
     arp_submission & rural-planning.jp (&→@)
     ※投稿の際は必ず上記チェックリストに必要事項を記入し,投稿原稿と一緒に事務局(上記メールアドレス)まで送付して下さい。

以上